栄養

カルニチンは、生体内で脂質を燃焼してエネルギーを産生する際に、脂肪酸を燃焼の場であるミトコンドリア内部に運搬する役割を担っています。

ビタミン様物質で、アミノ酸から生合性される誘導体です。

この脂肪酸は主に存在 ...