デトックスのための硫黄の摂り方

2020年12月14日

デトックスのための体内物質としては、グルタチオン、α-リポ酸、メタロチオネインなどがありますが、いずれもチオール基(硫黄)を分子構造として持っています。

この硫黄を摂取する方法としては、硫黄を含むタンパク質のメチオニン、システインを摂る方法や硫黄サプリを摂る方法がありますが、最も自然で効率が良いのは、野菜からシステインを摂る方法です。

硫黄を多く含む野菜としては、キャベツ類、たまねぎ類、ブロッコリー、アスパラガス、カリフラワー、キノコ類などがあります。

緑の濃い野菜のレタス、ケールなどもシステインを多く含んでいます。

摂取量については、Wahlsプロトコールのとおりに、200ccのカップに3杯分の硫黄を多く含む野菜と、同じ量の緑の濃い野菜を摂ることができれば理想です。

まずは「とにかく野菜を多く摂る」意識を持つことが出来れば良いと思います。

これはオリゴスキャンで測定した体内の硫黄ですが、Wahlsプロトコールの実践1ヶ月で劇的に改善しています。

顕著なデトックス効果が出ているのは、銀、ヒ素、バリウム、ベリリウム、ビスマス、カドミウムです。

アルミニウム、アンチモン、水銀はほとんど変化ありません。

人間は、75%が便、20%が尿、3%が汗、残りの2%が爪や髪から老廃物が排出されると言われています。

デトックスためには、排便習慣を改善することで必須であり、そのためにはグルテンフリーカゼインフリー食を行って、代謝の早い腸管のために高タンパク食を実践することが前提となります。