新型コロナワクチンと流産

米国の新型コロナワクチンの有害事象報告サイト(OpenVAERS)では、多数の流産が報告されています。

一方で、ファイザー社から他の研究で資金援助を受けている研究者が、妊娠中の COVID-19 ワクチン接種後の自然流産についての報告をしています。

ワクチン接種によって若干リスクは上がるが有意差はないという結果です。(2021, Kharbanda)

利益相反の開示: Lipkind 博士は、COVID-19 ワクチンに関するファイザーの独立した外部データ監視委員会に参加していると報告しました。Naleway 博士は、この研究と無関係な研究に対してファイザーから研究資金を受け取ったと報告しました。ベスコ博士は、ファイザーからこの研究と無関係な研究に対して研究資金を受け取ったと報告しました。