栄養

プロテインクッキーは簡単に作れて食べやすいです。

現在プロテインは、ニチガのWPIホエイプロテインをお勧めしています。(1kg、3690円)

もっと安価なものでもホエイプロテインであれば、問題ないと考えています ...

ホルモン, 神経疾患

喫煙は、癌や心血管疾患などの確立された危険因子であることはよく知られています。

1990年にBaronはニコチンの抗エストロゲン作用について言及し、1996年にはタバコのメリットについて総括してました。

予備的 ...

その他, 栄養

しもやけは、皮膚の小さな血管の痛みを伴う炎症であり、冷気に繰り返しさらされた時に発生します。

メカニズムは、寒冷暴露とそれに続く再加温に対する身体の異常な反応であると言われています。通常は1〜3週間で自然に寛解します。

その他, 栄養

夜尿症とは5、6歳を過ぎても夜間に継続的に排尿してしまう状態です。

1.塩分制限と夜間の水分制限

食塩の摂取過剰は水分の過剰へとつながり、水分を過剰摂取すれば、食塩も過剰へとつながります。

2020 ...

栄養, 神経疾患

まとめ:β-カルボリンアルカロイド(ハルマンなど)は、本態性振戦と似た震えを発症させる神経毒性化学物質です。

食事由来の外因性振戦物質のβ-カルボリンアルカロイドが、何らかの原因で代謝処理出来ないことが本態性振戦の根本原因 ...

神経疾患

ふるえを主訴とする疾患としては、パーキンソン病と本態性振戦があります。

パーキンソン病は、ほとんどの難病が報告されはじめた19世紀の1817年に最初に報告されました。本態性振戦がはじめて記載されたのは1874年です。(20 ...

栄養, 神経疾患

まとめ:パーキンソン病の栄養療法は、第一にGFCFを行って、第二に野菜・果物を積極的に摂取して快便を目指すことが大切です。

パーキンソン病が便秘から始まり、腸にダメージを与えて便秘にさせる食物が根本原因のひとつであることが ...

栄養, 神経疾患

医学ではパーキンソン病は原因不明であり、薬物療法を行われていますが、薬物療法では不可逆的な進行を止めることが出来ないことが知られています。(2015年のLeeら、2000年のSchragら)

一方で、科学ではパーキンソン病 ...

心理療法

2006年に下総精神医療センターの平井愼二先生によって開発された方法で、薬物依存症、ギャングル依存症、窃盗癖、盗撮・痴漢行為など、「やめたくてもやめられない」行動(嗜癖行動)への治療法です。

有名なパブロフの条件反射では、 ...

その他, 精神症状

自閉症児は口を、定型発達の子供は目を見る時間が多くなる傾向があると言われています。

2002年にPerphreyらは、自閉症児の視覚スキャンを行って、自閉症児が目と鼻を頻繁見ないことを報告しました。

2005年 ...