栄養

大腸癌と食事との関係性について、危険因子と予防因子があります。

赤身肉については、15のコホート研究(7367 例)にて、1.28 倍、加工肉については14の症例対照研究(7903 例)にて、1.20倍発癌リスクを高めるこ ...

栄養

食事によって、腸内フローラが短期間で大きく変化することが報告されています。

全粒穀物、野菜、果物などの植物性食品の摂取と、肉や魚や乳製品などの動物性食品を摂取した場合の腸内フローラの結果を調べた結果が多数報告されています。 ...

栄養

ヨーグルトなどの発酵食品やプロバイオティクスのサプリは、その人に効く効かないかがはっきりしています。

これらのプロバイオティクスは、腸内フローラに対して直接的な効果はなく、バイオジェニックスを介して間接的に作用を発揮します ...

栄養

先日放送されたNHKのためしてガッテンで、ヨーグルトを食べた効果は一時的なものに過ぎず、ヨーグルトを摂取している間は一時的に菌が増えるが、やめると消失してしまうと言われていました。

最終的には、腸内細菌を改善するには多種類 ...

栄養

食物繊維は、腸管細胞の唯一のエネルギー源となる短鎖脂肪酸を生成します。この短鎖脂肪酸をエネルギーにして、腸管上皮細胞がムチンと言われる粘液を分泌して、腸管バリアを形成しています。

また、この短鎖脂肪酸は、腸管免疫を活性化し ...

栄養

整腸剤の使い分けについてはエビデンスが十分ではありません。

ビフィズス菌は偏性嫌気性菌であり,小腸下部から大腸にかけて増殖し,乳酸および酢酸を産生する。有害菌増殖抑制作用,腸管運動促進作用があります。 
乳酸菌(ラ ...

栄養

Fosobacterium nucleatumは、一般には口腔内に存在するグラム陰性偏性嫌気性菌で、歯周炎や歯肉炎に関与すると言われています。

2011年から大腸癌とFosobacterium nucleatumとの関係性 ...

栄養

パプア・ニューギニアの人達はイモを主食としており、摂取タンパク質が少ないにも関わらず、筋骨隆々とした立派な身体をしていることが知られています。

摂取タンパク質量は、1940年代までは1日約20g/kgでしたが、1980年代 ...

栄養

かつてカナダの極北地域では、植物が育たないために、動物や魚類だけを食料としていたイヌイットと言われる先住民族が住んでいました。

主な食料は、ホッキョクイワナ、アザラシ、トナカイの肉でした。

それらを生のまま、凍 ...

栄養

東大の米田穣先生の研究があります。

人骨に含まれる炭素と窒素の安定同位体比から、縄文人がどのような食物からタンパク質を摂っていたか(タンパク質依存率)を遺跡ごとに割り出しています。たとえば、北海道の遺跡ではオットセイやイル ...