ホルモン, 栄養

野菜と果物の摂取と発癌の関係は、弱い逆相関の関係があることが知られています。(2014年のBradburyら、2001年のTerryら)

アブラナ科の野菜は十字架のような花弁と、細長い角果が特徴です。野菜や香辛料として利用 ...

栄養

Tom O’BryanのThe Autoimmune Fixから、一部を抜粋します。

牛乳のタンパク質構造は、人間の母乳に含まれるタンパク質の8倍の大きさです。そのため、多くの人が牛乳を消化するのに苦労しています。山羊乳の ...

栄養

Tom O’BryanのThe Autoimmune Fixから、一部を抜粋します。

グルテンタンパク質のファミリーには、小麦、ライ麦、大麦、米、トウモロコシ、キノアなどが含まれています。これらを完全に消化出来 ...

栄養

耳管開放症は著明な耳閉塞感、 開放した耳管を通して自声が中耳に入るため、自声強聴、呼吸性耳鳴などの症状があり、 また難聴や肩凝りなどの付随症状を伴うことがあります。

耳管は立位(あるいは座位)で開きやすく、臥位で開きにくく ...

その他, ホルモン, 栄養

男性脱毛症の治療は、男性ホルモンの代謝(テストステロン→ジヒドロテストステロン)だけでほとんど議論されています。

男性ホルモンの最終産物であるジヒドロテストステロンは、髪の元になる毛母細胞へと栄養を送る毛乳頭細胞の男性ホル ...

その他, ホルモン, 栄養

女性化乳房とは、男性の体内にも存在する卵胞ホルモンのエストロゲンが高くなり、男性の乳腺組織が肥大化することです。ほとんどのケースは良性で自然に改善しますが、高齢の方の場合は男性乳がんとの鑑別が必要です。

思春期(15歳前後 ...

栄養

ハチミツは睡眠を改善するという沢山の報告があります。(2012年、Cohenら、2018年、Fakhr-Movahediら、2008年、Warrenら)

ハチミツは、抗酸化剤、抗炎症剤、抗菌剤としての作用を持つ植物化学物質 ...

その他, 栄養

環境ホルモンや内分泌かく乱物質と呼ばれる化学物質は、ズバリ言うとエストロゲン作用を持つ化学物質のことで、環境エストロゲンとも呼ばれます。

これらはほとんど石油由来の化学物質であり、地球はこの環境エストロゲンの海と言っても良 ...

栄養

糖質は排泄経路がないので、一度体内に取り入れてしまうと排泄出来ません。

少しでも余った糖質はアセチルCoAを経て、中性脂肪の形で蓄積されますので、排泄ではなく脂肪の燃焼の形でしか減らすことが出来ません。

飢餓状 ...

栄養

エピジェネティクスは、遺伝子の塩基配列は同じなのに遺伝子の発現が変わる現象のことです。1個の受精卵から様々な体細胞が作られて行く、主に胎児の発達を担う機構です。

エピジェネティックな目印には、DNAにつく目印(DNAメチル ...