栄養

セリアック病は、小麦などに含まれるグルテンによって引き起こされる自己免疫性小腸炎症疾患です。

細胞毒を持つグルテンペプチドによる障害は、グルテン関連障害と総称されています。

頻度が約1%で重症型のセリアック病か ...

栄養

TGやコレステロールなどの脂質は、食事由来の外因性のものと、体内で合成された内因性のものがあります。

外因性TG:食事の消化物の中のモノグリセリドと遊離脂肪酸が、小腸の腸細胞でTGを再合成する。また食事中や胆汁中のコレステ ...

栄養

鉄欠乏と低タンパク食との関係は、いくつかの論文が出ています。

生理のある女性と子供は、ほぼ鉄欠乏ですが、同時に低タンパクがあります。

鉄を含む食物は、レバー、赤身の肉、納豆などですから、これらを食べていないと鉄 ...

栄養, 精神症状

Mantelら(2004)に、チック症115人の内、ビタミンB群が60-70人に効果的であり、次いでビタミンC,ビタミンE,カルシウム、マグネシウムが55人に有効であったと報告しました。

この効果は若年者ほどより有効であっ ...

栄養, 精神症状

2018年にまとまっているレビューが出ています。

1.カフェイン

コカインや覚醒剤のような中枢神経刺激物質やADD/ADHDに適応のある精神刺激薬は、チック症状を増悪させることがあることが知られています。

てんかん, 栄養

抗てんかん薬、感情調節薬として使われるバルプロ酸ナトリウム(VPA)は、カルニチン欠乏症となり、その結果として高アンモニア血症の副作用を起こすことが稀にあります。

カルニチン欠乏症の作用機序は、VPAがバルプロイルカルニチ ...

栄養

カルニチンは、生体内で脂質を燃焼してエネルギーを産生する際に、脂肪酸を燃焼の場であるミトコンドリア内部に運搬する役割を担っています。

ビタミン様物質で、アミノ酸から生合性される誘導体です。

この脂肪酸は主に存在 ...

ニューロフィードバック, 栄養, 精神症状

チック症の方が沢山来院されています。

チック症は、ADD/ADHD症状と同時に出てくることが多いですが、ADD/ADHDの治療薬の精神刺激薬によって、チック症状が増悪することがあるので、代替医療が選択肢として上がってきます ...

栄養

タンパク質の摂取量を増やすほどと、筋肉のタンパク質の合成能力は上がります。

低タンパク食の場合は、筋肉も血管も脳も、まんべんなくタンパクが不足した状態になります。

身体での、タンパク質合成は24時間休みなく行わ ...

栄養, 精神症状

堀口申作先生が開発したBスポット療法という治療法があります。

Bスポットとは、風邪の引き始めの時に感じるのどの奥のイガイガする場所のことです。

もともとは耳鼻科領域の治療法でした。Bスポット療法とは鼻の後ろの上 ...