栄養

2型糖尿病の人を対象としてます。食事内容はどれも同じです。

701±8 kcal; 20% fat, 54% carbo- hydrates, 26% protein, 7% fiber

食事を抜くと ...

栄養

日本については、東北大学名誉教授の近藤正二先生の研究報告があります。

米偏食大食の住民は、一般に早老であり、脳卒中による若死が非常に多い。東北地方とくに秋田県の米作村はその好例で、40歳頃から脳卒中が多発し、また60歳ごろ ...

栄養

トランス脂肪酸はあらゆる加工食品に含まれていますので、完全に避けるのは不可能です。

いかに摂取量を減らせるかがポイントになります。

個人がどこまでリスクを避けるかという問題にもなってきます。

タバコ ...

栄養

植物油は、n-6系のリノール酸に属していますが、アラキドン酸を経て、炎症や血栓を起こし、結果として動脈硬化を促進すると言われています。

脂肪酸の中で、外からの摂取が必要な必須脂肪酸は、n-6系とn-3系です。

...

栄養

脂質は、水に溶けず有機溶媒に溶ける物質の総称です。脂質=脂肪です。

脂肪酸の説明は、以下です。

不飽和脂肪酸は、さらに以下に分類されます。

不飽和脂肪酸には、炭素間の二重結合のまわりの構造の違いによ ...

栄養

一般的には、肝硬変や肝臓がんを抱える患者さんや、1型糖尿病の人には、ケトン食療法は適用できないと言われています。

ケトン体を合成し、全身に送り出す役割を担う肝臓の機能が不十分であれば、ケトン体を産生出来ませんので、難しいか ...

栄養

癌細胞はグルコースしかエネルギーとして使えません。

この図の反応が、激しく起こって、身体に乳酸が蓄積してきます。

クエン酸は、この乳酸脱水素酵素(LDH)を阻害しますので、ピルビン酸→乳酸の反応を抑制します。

栄養

以下は、自宅での経口摂取のみを想定したひとつのモデル案です。

ケトン食療法が実践できてケトジェニックになっていることが、大きなポイントです。

前記事を補足するために、具体案を出しただけに過ぎません。

栄養

「がん」では死なない「がん患者」-栄養障害が寿命を縮める-光文社新書-東口-高志/dp/4334039219/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=癌+栄養&qid=155410999 ...

栄養, 症例

高校時代に重度の強迫性障害を発病した50代の男性。

タンパク質とビタミンBを取り出して2ヶ月で著変。まだ、プロテインは摂っていません。

手洗い毎日100回→30回。

12年ぶりに石けん無しで手が洗え ...