栄養

副腎疲労という病名があります。

原因は、糖質過食による機能性低血糖症を繰り返すことによる、副腎の疲労です。

糖質による膵臓の疲労が糖尿病で、副腎の疲労が副腎疲労です。

人体にとって最大のストレスは、糖質と ...

栄養

痛風の原因は、未だに解明されていません。

尿酸の値が9.0mg/dlを超える高尿酸血症となると危険と言われています。一方で、高尿酸血症の人で、痛風を発病しない人(無症候性高尿酸血症)は、発病する人の10数倍存在すると言われ ...

栄養

1.水分量について

例えばマラソンを行う場合の水分摂取量の目安量は、1時間当たり400〜800mlです。

しかし、運動強度が高い、気温が高い、体が大きいほど水分摂取量を多めに、逆の場合は少なめにするなど、柔軟な ...

定量脳波, 精神症状

2000年までは、脳機能局在論と言って、脳は部分ごとに違った機能を担っているという理論が一般的でした。

その後、2000年以降の神経機能画像研究によって、脳は機能局在という一対一の関係性から、ネットワークという多対多の関係 ...

定量脳波, 精神症状

日本語だと、「忙しい脳」、または「おしゃべりし続ける脳」という意味になります。

ADD/ADHDの脳波のパターンの3番目の、過剰な速波(β波)が見られます。

ADD/ADHD特性がある人が、大人になるにつれて、 ...

定量脳波, 精神症状

注意欠陥多動性障害の方の、定量脳波による解析を行っています。

当院の解析方法は、ドイツのArns先生のグループ、イスラエルのRivi先生のグループとほぼ同じ方法です。

ADD/ADHDの脳波は、主に5つのパター ...

栄養

呼気のケトン体検査をクリニックで開始します。無料です

ただし、呼気検査は目安に過ぎません。血液検査が正確です。

尿中のケトン体は不安定で、よくわからない結果になります。

血液は正確ですが、採血の必要 ...

栄養

一般に見られる脂肪肝では、鉄過剰が起こっています。

鉄代謝の抑制物質であるヘプシジン産生に問題があり、腸管から鉄の吸収が増えるためです。(諸説有り)

一般的炎症性疾患では、フェリチンを貯蔵鉄の指標として使えませ ...

栄養

体内の基本ミネラルのひとつの鉄は、排泄系を持たず、ほぼ腸管から吸収の調整だけで、調整されている。

その主役を担っているのが、ペプシジンという肝臓で産生されるペプチドホルモンである。

鉄剤の適正使用による貧血治療 ...

栄養

ナルコレプシーは、居眠り病とも言われるます。

日中で、場所や状況を選ばずに強い眠気に襲われる睡眠発作を主な症状とする疾患です。

もうひとつの代表的な症状は、情動脱力発作(カタプレキシー)と言われる症状です。