その他

ふるえを主訴とする疾患としては、パーキンソン病と本態性振戦があります。

パーキンソン病は、ほとんどの難病が報告されはじめた19世紀の1817年に最初に報告されました。本態性振戦がはじめて記載されたのは1874年です。(20 ...

栄養

まとめ:パーキンソン病の栄養療法は、第一にGFCFを行って、第二に野菜・果物を積極的に摂取して快便を目指すことを勧めます。

パーキンソン病が便秘から始まり、腸にダメージを与えて便秘にさせる食物が根本原因のひとつであることが ...

栄養

医学ではパーキンソン病は原因不明であり、薬物療法を行われていますが、薬物療法では不可逆的な進行を止めることが出来ないことが知られています。(2015年のLeeら、2000年のSchragら)

一方で、科学ではパーキンソン病 ...

心理療法

2006年に下総精神医療センターの平井愼二先生によって開発された方法で、薬物依存症、ギャングル依存症、窃盗癖、盗撮・痴漢行為など、「やめたくてもやめられない」行動(嗜癖行動)への治療法です。

有名なパブロフの条件反射では、 ...

その他

自閉症児は口を、定型発達の子供は目を見る時間が多くなる傾向があると言われています。

2002年にPerphreyらは、自閉症児の視覚スキャンを行って、自閉症児が目と鼻を頻繁見ないことを報告しました。

2005年 ...

栄養

インスリン抵抗性とは、インスリンに対する感受性が低下し、インスリンの作用が十分に発揮できない状態です。インスリン抵抗性とは簡単にいうと「インスリンの効き具合」を意味します。

インスリンは下記のシグナル伝達のメカニズムで、血 ...

その他

真菌症とはいわゆるカビのことで、水虫、いんきんたむし、癜風、爪白癬、頭部白癬などがあります。いずれも真菌が異常に繁殖して、炎症反応として湿疹、発赤、かゆみなどを発症して真菌症となります。

真菌症は通常の栄養療法だけでは治療 ...

その他, 栄養

【ブロッコリー】茹でるより美味しくて簡単な方法

抗がん作用と抗エストロゲン作用が期待できるアブラナ科の代表であるブロッコリーは、キャベツなどと違って料理のレパートリーが少ないと思っています。この調理法ならおいしく食べられま ...

ホルモン

これまでは、閉経後の女性のホットフラッシュ、ほてり、のぼせ、寝汗は血管運動神経の症状と言われており、中年女性のエストロゲンの不足で起こるとされてきました。

一方で現代社会は環境エストロゲンに溢れており、エストロゲン不足は起 ...

栄養

まとめ:大豆と癌との関係は、基礎研究においては相反する報告があり、一致した結論には至っていません。

エクオールは,大豆イソフラボンの一つダイゼインが,腸内細菌によって代謝を受け,中間体のジヒドロダイゼインを経て生成されます ...