心理療法

怒りが出せない方が怒りを出しやすくするための逆アンガーマネージメントの実践編です。

分かりやすく言えば、短気になる練習です。

実際にエクササイズをされる場合は、怪我やトラブルがないようにお気を付け下さい。

心理療法

怒りっぽい方、キレやす方のためにアンガーマネジメント(怒りのコントロール)と呼ばれる治療があります。

実際の臨床場面では、怒りが出せない人の方が問題になるケースが少なくありません。

怒ることが苦手な人が、怒るこ ...

その他

まとめ:脳も大事ですが、腸の重要性を忘れてはいけません。

「個体発生は系統発生を繰り返す」という反覆説は、ドイツの動物学者ヘッケルが提唱した概念です。ある動物の発生の過程は、その動物の進化の過程を繰り返す形で行われる、とい ...

心理療法

過食、大量服薬、リストカットなどの自殺企図や、暴力、器物破損、他者依存などの問題行動は、近年の神経生物学の知見から見ると、意味のある防衛反応と解釈できます。

自分自身を守るために、プラスの意図を持った生理的反応として説明で ...

心理療法

内的家族システム療法、私の中に住む人たち: IFS(内的家族システム)へのお誘い、No Bad Partsのまとめと考察の続きです。

■基本のIFSの手順

1.リラックスして目を閉じます。(目を開けていてもOK ...

心理療法

内的家族システム療法、私の中に住む人たち: IFS(内的家族システム)へのお誘い、No Bad Partsのまとめと考察の続きです。

IFSの全体像は、3つの要素で構成されています。

1.セルフ:システム全体の ...

心理療法, 精神症状

内的家族システム療法、私の中に住む人たち: IFS(内的家族システム)へのお誘いのまとめと考察を記事にしたいと思います。

内的家族システム療法(IFS)は、1990年代前半からリチャード・シュワルツ氏が体系化した心理療法で ...

てんかん, 栄養, 精神症状, 自閉症

まとめ:ビタミンD欠乏症は脳の発達に影響を与えます。特に妊婦と子供においてビタミンDの補給が重要です。

適切なビタミンDレベルは、骨の健康に重要であると長い間考えられてきました。過去20年間のデータは、ビタミンD欠乏症が脳 ...

ホルモン, 栄養

ビタミンDについては過去に一度記事にしました。

追加記事(2020年2月11日)を再度修正してまとめたいと思います。

D2とD3の違いですが、構造式がわずかに違うだけです。

D2とD3は、体内での代 ...

栄養, 自閉症

野菜嫌いの子供さんの中でも、特にキノコが苦手なお子さんが多いように思います。

自閉症とキノコに関する総論にて、キノコの摂取が腸内細菌叢を改善させて、自閉症を改善する可能性が指摘されています。(2019年、Bellら)