トラウマセラピーの源流は、フロイトの精神分析にあり、それと反対の流れとして、アドラー心理学や認知行動療法があると考えています。

時間軸で見ると、過去に焦点を置くのか、現在や未来に焦点を置くのかの違いです。

どちらが正しいというわけではなく、どちらも大事な考え方であり、治療法です。

現在はトラウマセラピーとして、曝露療法、EMDR、ソマティックエクスペリエンシング、催眠療法、フォーカシング、身体療法をはじめとして、新しいトラウマセラピーが次々と生まれています。

特に交通事故などの単回性トラウマに対しては、画期的な有効性を発揮します。

すべてのトラウマセラピーは有効ですが、ひとつのトラウマセラピーがすべての方に合うとは限りません。

どの治療法を選択されるのか、治療者とよく相談して進めていくことが大切です。