後遺症関連の検査はアメリカのFLCCCで推奨されている後遺症関連の検査をはじめとして、栄養関連のほとんどの検査を実施しています。

栄養関連では、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンD、甲状腺機能、糖尿病の有無などが重要です。

後遺症関連では、Dダイマー、スパイクタンパク質抗体価、ヌクレオカプシドタンパク質抗体価、抗スパイクタンパク質IgG4、ホモシステイン、抗核抗体などが重要になってきます。

一部は自費検査になります。価格表を参照してください。