感冒の中医治療

西洋医学での上気道感染や、インフルエンザなどのウイルス感染症、いわゆるかぜ症候群は、中医学では感冒と言います。

感冒は、表証(鼻水、くしゃみ、頭痛、悪風寒、咽頭痛、節痛)が主症状で、7日以内に軽快するもので伝変は少ない。

実証症状治法
風寒感冒鼻炎症状、悪寒>発熱、無汗軽症には葱鼓湯(そうしとう)、荊防(けいぼう)敗毒散
風熱感冒発熱>悪寒、自汗銀翹散、桑菊飲
(暑湿)(夏風邪、暑熱薫蒸(くんじょう)、熱が下がらない)新加香薷飲(しんかこうじゅいん)
(夏風邪、暑湿偏重、頭冒感、胸悶)藿香正気散
表寒裏熱発熱悪寒の風寒表証+咽痛、痰粘調の裏熱証、「寒が火をつつむ」(肺熱、肺の痰熱)麻杏甘石湯 加 羌活魚腥草(ぎょせいそう)
その他寒・熱がはっきりしない、鼻水、咽痛、痰なし、咳と頭痛だけ有る三拗(よう)湯 加 牛蒡子、貝母、橘紅(きっこう、止咳)
+喉頭痛が強いとき加 胖大海(清火熱痰、清肺熱)
+風邪が強いとき加 祛風薬(薄荷、荊芥、防風)
虚証
気虚感冒もともと気虚、悪寒>発熱参蘇飲 加 祛風解表薬、黄耆桂枝五物湯
陽虚感冒もともと陽虚、甚だしい悪寒再造散、桂枝加附子湯
血虚感冒もともと血虚、頭痛、頻度は少ない葱白七味飲加減
陰虚感冒もともと陰虚、発熱>悪寒加減葳蕤(いずい)湯、銀翹散 加 玄参、乾地黄、麦門冬

葱鼓湯:葱白(そうはく、辛温解表)、豆鼓(とうし、辛涼解表)

荊防敗毒散:荊芥5、防風5、羌活5(辛温解表)、独活5(どっかつ、祛風湿)、前胡5(ぜんこ、止咳平喘)、柴胡5、桔梗5、枳殻5(きこく、行気)、茯苓5、川芎5、甘草3

銀翹散:金銀花30、連翹30、桔梗18、薄荷18(はっか、辛涼解表)、竹葉12(清熱瀉火)、荊芥穂12(すい)、豆豉15、生甘草15

桑菊飲:桑葉7.5(そうよう、辛涼解表)、菊花3、杏仁6、桔梗6、蘆根6(ろこん、清熱瀉火)、連翹4.5、薄荷2.5、甘草2.5

新加香薷飲:香薷(こうじゅ、祛暑)、厚朴(行気、祛風湿、化痰)、連翹、金銀花、鮮扁豆花(へんずか、祛暑)

麻杏甘石湯:麻黄6、杏仁9(止咳平喘)、炙甘草6、石膏18

+羌活、魚腥草(ぎょせいそう、清熱解毒)

三拗湯:麻黄、杏仁、炙甘草

参蘇飲:人参、紫蘇葉、葛根、半夏、前胡、茯苓、木香(もっこう、行気)、桔梗、炙甘草、陳皮、生姜、大棗

再造散:桂枝湯(桂枝3、白芍3、甘草3、大棗3、羌活2.5)、黃耆3、人參3、附子1.5、細辛1.5、防風2.5、川芎2.5、煨薑3(わいきょう、辛温解表、煨姜)

黄耆桂枝五物湯:黄耆、芍薬、桂枝、生姜、大棗

桂枝加附子湯:桂枝、芍薬、炙甘草、生姜、大棗、炮附子

葱白七味飲:葱白(そうはく、辛温解表)、葛根、麦門冬、乾地黄、豆鼓、生姜

加減葳蕤(いずい)湯:葳蕤(滋陰、玉竹ぎょくちく)、葱白(そうはく、辛温解表)、桔梗、薄荷、白薇(びゃくび、清退虚熱)、豆鼓(とうし、辛涼解表)、炙甘草、大棗

咽頭痛に有効な(利咽)保険生薬は、辛涼解表の薄荷、牛蒡子、清熱解毒薬の金銀花、忍藤冬、連翹、山豆根(さんずこん)、化痰止咳薬の桔梗(排膿消腫)。

感冒は7日以内に軽快するものであるが、感冒より勢いの強い感染症(外感病)で寒邪(悪寒が主訴)によるものを傷寒、温熱の邪(発熱、暑がる、口渇が主訴)によるものを温病と呼びます。麻疹、風疹、水痘も温病になります。