陰虚内熱

陰液とは、身体の正常な液体のことで、津液、血、精を指します。陰虚とは、陰液が不足したことです。

■陰虚内熱と湿温の鑑別

陰虚内熱、陰虚発熱湿温
陰液の不足により、陽が亢進して内熱となる内傷雑病特定の季節に起こる、湿邪が原因である外感病
体質的な陰虚、熱証が長引いて陰を傷つける、温燥薬の誤用が原因
潮熱(午後または夜間の発熱)、衣服を着たがらない午後身熱+身重疼痛
顔色頬赤顔色黄暗
盗汗(内熱が津液に迫って外泄)、手足煩熱
口咽乾、乾咳、無痰
舌質紅、紅絳舌、舌苔薄、無苔、不膩、裂紋舌苔白膩(はくじ)、または黄膩(おうじ)
脈濡数脈象細数
心煩、断眠、多夢(虚火が上炎して心神を擾動)

陰虚内熱の紅絳舌、無苔、不膩

裂紋

■陰虚発熱の治法:滋陰清熱

清退虚熱の作用が強い清骨散
滋陰の作用が強い青蒿鼈甲湯
+陰虚が甚だしい玄参、亀板、(何首烏)
+虚火が上炎して心神を擾動し、心煩、断眠、多夢酸棗仁、柏子仁、夜交藤
+盗汗が顕著牡蛎、小麦、糯稲根(じゅとうこん、収渋)
+心陰が虚して、心悸、手足心熱加減復脈湯、天王補心丹
+肝陰が虚して、目眩、易驚、脇肋疼痛帰芍地黄湯
+脾胃の陰虚が甚だしい、口渇、飲を欲し、大便燥結沙参(しゃじん)麦門湯、益胃湯
+肺陰が虚して、乾咳、痰少なく清燥救肺湯、百合固金湯
+腎陰が虚して、腰酸膝軟六味地黄丸、知柏地黄丸
+発熱に応じて銀柴胡、地骨皮、秦艽

清骨散:鼈甲、青蒿、知母、炙甘草、地骨皮、銀柴胡、胡黄連、秦艽

青蒿鼈甲湯:鼈甲、青蒿、知母、炙甘草、牡丹皮

加減復脈湯:炙甘草・干地黄・生白芍18 麦門冬15 阿膠・火麻仁(ひまにん、麻子仁ましにん、潤下)9

天王補心丹:竜骨、牡蛎、地黄、酸棗仁、当帰、 天門冬、麦門冬、柏子仁、遠志、丹参、桔梗、党参、茯苓、朱紗

帰芍地黄湯:当帰、白芍、熟地黄、山薬、山茱萸、茯苓、沢瀉、牡丹皮

沙参麦門湯:沙参(浜防風)、麦門冬、玉竹、生甘草、桑葉、白扁豆、天花粉

益胃湯:沙参麦門冬、玉竹、生甘草、氷糖(ひょうとう、止咳平喘)

清燥救肺湯:桑葉、石膏、麦門冬火麻仁阿膠(あきょう、養血滋陰)

百合固金湯:生地黄、熟地黄、麦門冬、玄参、当帰、白芍百合桔梗生甘草

六味地黄丸:地黄、山薬、山茱萸、茯神、牡丹皮、沢瀉

知柏地黄丸:知母、黄柏、地黄、山薬、山茱萸、茯神、牡丹皮、沢瀉

■生薬の陰虚への禁忌と慎重投与

禁忌は、散寒薬(温性なので)、利水滲湿薬(利尿して水湿を除去)、助陽薬(温性)、温化寒痰薬(傷津しやすい)。

慎重投与は、解表薬(特に温性の辛温解表薬)、祛風湿薬(傷陰しやすい)、行気薬(消陰しやすい)。