不正出血の中医治療

不正出血(不正性器出血)とは、月経・分娩などの正常な時期以外で起こる女性器からの出血の総称で、時期の問題です。

中医学で不正出血は、経間期出血(月経と月経の間に現れる出血)、崩漏(ほうろう、月経期間でない時期の持続的な出血)、月経先後不定期(月経周期が不定期で早くなったり遅くなったりする)に当たります。

その他には、月経過多(月経周期は変わらないが経血量が増えたもの、量の問題)、帯下過多(経血量が増え、且つ色・質・臭いの異常がある、量に加え質の問題)があります。

■経間期出血、腎陰虚が一般的に多い。

経血
腎陰虚量少ないまたはやや多い、鮮紅、粘調、血塊なし、腰酸、頭暈、熟眠出来ない滋陰養陰、固衝止血両地湯、二至丸(にしがん)
湿熱量多い、赤白、粘調清利湿熱、固衝止血清肝止淋湯
血瘀量少ない、紅赤、血塊あり化瘀止血逐瘀止血湯

両地湯:生地黄、地骨皮、麦門冬、白芍、阿膠(あきょう、養血滋陰)、玄参

二至丸:女貞子、旱蓮草(かんれんそう、滋陰)

清肝止淋湯:白芍、当帰、生地黄、阿膠、牡丹皮、黄柏、牛膝、香附子、紅棗(こうそう、大棗、補気)、小黒豆(黒豆、滋陰)

逐瘀止血湯:生地黄、亀板、大黄、赤芍、牡丹皮、当帰、枳穀、桃仁

■崩漏(大量の不正出血のことで、急性で大量のものを「崩」、慢性で少量のものを「漏」と言います)

脾虚納呆、下痢、疲労、息切れ、顔・四肢の浮腫補気摂血、固衝止崩固本止崩湯(こほんしほうとう)
腎虚腎気虚顔色暗い、下痢、小声、疲労、夜尿多補腎益血、固衝止血加減蓯蓉菟絲子丸
腎陽虚四肢の冷え、腰膝酸軟温腎益気、固衝止血右帰丸
腎陰虚頭暈、耳鳴り、腰膝酸軟、五心煩熱滋陰益陰、固衝止血左帰丸 合 二至丸、滋陰固気湯
血熱虚熱陰虚体質、口乾、五心煩熱、不眠、便秘養陰清熱、固衝止血上下相資湯
実熱陽盛体質+肝火、口乾、煩熱(発熱+ソワソワ)、便秘清熱涼血、固衝止血清熱固経湯
血瘀血塊、舌に瘀班、瘀点活血化瘀、固衝止血逐瘀止血湯

固本止崩湯:熟地黄、白朮、当帰、黄耆、人参、黒姜(こくきょう、散寒、高良姜)

加減蓯蓉菟絲子丸:熟地黄、肉蓯蓉(助陽)、覆盆子(ふくぼんし、収渋)、菟絲子(助陽)、当帰、枸杞子、桑寄生、艾葉(がいよう、散寒)

右帰丸:熟地黄、山薬、枸杞子、山茱萸、菟絲子、鹿角膠、杜仲、当帰、肉桂、附子

左帰丸:熟地黄、山薬、枸杞子、山茱萸、菟絲子(としし、助陽)、鹿角膠(ろっかくきょう、助陽)、亀板膠(きばんきょう、滋陰)、牛膝

二至丸:女貞子、旱蓮草(かんれんそう、滋陰)

滋陰固気湯:山茱萸、菟絲子、党参、黄耆、白朮、炙甘草阿膠、鹿角膠、何首烏白芍、続断

上下相資湯:熟地黄、麦門冬、山茱萸、玉竹、沙参、当帰、牛膝、車前子、五味子、人参、玄参

清熱固経湯:亀板、牡蛎、阿膠、生地黄、地骨皮、地楡(ちゆ、止血)、藕節(ぐうせつ、止血)、山梔子、黄芩、陳棕櫚(ちんしゅろ、止血)、生甘草

逐瘀止血湯:生地黄、亀板、大黄、赤芍、牡丹皮、当帰枳穀(枳実)桃仁