痰飲の中医治療

痰飲とは、肺、脾、腎の機能が失調して、津液が停積して形成される病証です。「痰飲」は、中医学の病証の中でも、直接的な西洋医学の病名を特にイメージしにくいですが、西洋医学での慢性気管支炎、滲出性胸膜炎、メニエール病(めまい)に相当します。

実証
飲留胃腸飲邪が胃腸に留積攻下逐飲甘逐半夏湯
飲停胸脇気機の昇降の道である胸脇に停飲攻逐痰飲十棗湯または葶藶(ていれき)大棗瀉肺湯
飲犯胸肺飲邪が胸腔に停飲、肺気が上逆して呼吸困難外寒によるもの小青竜湯
+陽虚(麻黄が陽気を発散するので禁忌)苓甘五味姜辛湯
心不全(息切れ、咳が強く起座呼吸、むくみ、胸脇苦満)射干(やかん)麻黄湯
+咳が強く、胸脇苦満、咳・流涎多い葶藶(ていれき)大棗瀉肺湯
飲溢四肢水飲が四肢に留溢(いつ)解表化飲小青竜湯
虚証
脾胃陽虚飲が中焦に内停温脾化飲苓桂朮甘湯
腎腸虚弱飲証が長引いて脾虚が腎に及び冷え症温腎化飲金匱(きんき)腎気丸

胸脇苦満(きょうきょうくまん)とは、左右の肋骨の下、季肋部と呼ばれる部分が固く張り、指を滑り込ませるように入れた時、痛みや不快な圧迫感を感じる症状のことを言います。

小青竜湯:麻黄、桂枝、半夏、乾姜、細辛、五味子、白芍、炙甘草

苓甘五味姜辛湯:茯苓、甘草、乾姜、細辛、五味子

射干麻黄湯:射干(清熱解毒)、麻黄、生姜、細辛、紫苑(しおん、止咳平喘)、款冬花(かんとうか、止咳平喘)、五味子、大棗、半夏

葶藶大棗瀉肺湯:葶藶子(ていれきし、止咳平喘)、大棗

苓桂朮甘湯:茯苓、桂枝、白朮、炙甘草

金匱(きんき)腎気丸:乾地黄、山薬、山茱萸、沢瀉、茯苓、牡丹皮、桂枝、炮附子