中医学の基礎、弁証論治と気血津液弁証

東洋医学西洋医学
弁証診断
論治治療

様々な弁証方法を用いて、異なる視点から多角的に病証を分析する。

病証の全体像を把握する弁証の基礎八綱弁証
内傷病に用いる気血弁証(気血津液弁証)
臓腑弁証
経絡弁証
外感病に用いる六淫弁証
六経弁証傷寒に用いる
衛気営血弁証温病に用いる
三焦弁証温病に用いる

気血弁証(気血津液弁証)

<気の量が不足>気虚エネルギーがないけど、うつもない倦怠感、めまい、息切れ、食欲不振、下痢
気陥気虚+気の上昇<<下降気虚の症状、胃下垂、下痢、気虚発熱
気脱気虚が極限まで悪化意識消失、自汗
陽虚気虚が発展(気の温煦作用が低下、津液が停滞して湿になる)寒証(寒がり)+気虚+湿証
<気の動きの乱れ>気滞気の循環障害、①肝気鬱滞、②脾胃気滞①うつ、胸肋脹痛、②納呆、げっぷ・おなら、便秘、腹部の脹痛
気逆気の上昇>>下降、①肝気上逆、②肺気上逆、③胃気上逆①易怒、頭痛、②咳嗽・喘息、③げっぷ、嘔吐
<血の不足>血虚貧血症状めまい、動くと動悸、目のかすみ、顔面蒼白
<血の運行障害>血瘀血の運行が停滞固定痛・刺痛・夜間痛、口唇指爪顔舌が暗紫色
<津液の不足>陰虚虚熱として部分的熱症状口咽が乾く、五心煩熱、盗汗、頬部紅潮のぼせ、痩身
<津液の停滞・過剰>湿津液が停滞身体が重だるい、下痢、浮腫
湿熱停滞した津液が熱化暑がり多汗、肥満

気虚発熱:気虚下陥では、陽の性質を持つ気が減ったのに対して、陰火が上昇して熱症状が出ます。

津液(体内の正常な水液)は停滞や熱化により濃密になり、津液→湿→水→飲→痰と呼ばれます。

陰液は、血・津液・精のこと。