癌(癌証)の中医治療

■要点

癌証は、正虚の基礎の上に発病するので、局部の症状が実であっても、生体は虚である。

正気とは、邪気に対して用いられる言葉で、病邪に対して生体が防衛する機能の総称です。正虚とは、この正気が停滞して病邪に対する防衛能力が減退した状態です。気血津液精のどれが欠乏しても、正虚になります。

実は、気滞、血瘀、痰瘀、湿聚(しつしゅう)、毒火であり、虚は全身の気血陰陽の虚衰である。

標本で言えば、本が正虚で、実は標である。初期の患者でも、正虚の症状が出現する。

■治療

扶正すれば邪の祛除の妨げになる、攻邪すれば正を損傷する場合があり、区分限度が難しい。

陰虚と湿熱、痰濁と瘀血の膠結があり施薬が難しい。弁証論治の原則が重要である。

清熱解毒感染症の合併、癌証の末期
化痰散結化痰散結とは、痰凝聚結して造られた腫物
活血化瘀気滞瘀血によって造られた腫物や臨床症状として瘀血があるもの
扶正培本脾は後天の本、腎は先天の本であるので、脾腎を論治して、陰陽臓腑気血の失調を調整する
清熱解毒煩躁高熱、口乾、冷飲を好む、大便乾、小便黄赤
金銀花、蒲公英(ほこうえい)、紫花地丁、天葵子(てんきし)、野菊花、連翹、敗醤草(はいしょうか)、草河車(そうかしゃ)、山豆根(さんずこん)、板藍根、金銭重楼(じゅうろう)、黄連、黄柏、黄芩、山梔子、土茯苓、白花蛇舌草、半枝蓮(はんしれん)、半辺蓮(はんぺんれん)、竜葵(りゅうき)、山慈菇(さんじこ)
+熱毒入血出血、瘀班
犀角、牡丹皮、柴草、生地黄
+湿滞胸腹痞満(ひまん)、悪心納呆、舌苔黄膩(おうじ)
藿香、佩蘭、白薏苡、薏苡仁、茯苓、沢瀉、猪苓、通草、滑石
+陰虚唇乾歯燥、舌光無津
生地黄、麦門冬、天門冬、玄参、石斛(せっこく)、天花粉、沙参
化痰散結天南星、半夏、貝母、全瓜蓑、山慈菇、白芥子、皀角刺(そうかくし)、海浮石、海蛤殻、牡蛎、猫爪草、青礞石(もうせき)、黄薬子(おうやくし)、海藻、昆布
+脾虚党参、黄耆、白朮、茯苓、山薬、太子参
+肝鬱香附子、鬱金、青皮、陳皮、仏手(ぶっしゅ)、橘葉(きつよう)、柴胡、川楝子(せんれんし)
+血瘀丹参、赤芍、桃仁、紅花、水紅花子、劉寄奴(りゅうきど)、生蒲黄、五霊脂、馬鞭草、三稜、夜朮
活血化瘀当帰、赤芍、川芎、丹参、桃仁、紅花、蒲黄、五霊脂、三稜、莪朮、水蛭、虻虫(ぼうちゅう)、血竭(けっけつ)、穿山甲(せんざんこう)、䗪虫
+気滞鬱金、香附子、延胡索、降香、乳香、没薬
+気虚党参、黄耆、太子参
+血虚当帰、川芎、赤芍、熟地黄、何首烏、阿膠
扶正培本
脾虚気弱全身疲乏、言語低微、気短自汗、食欲不振、便溏
+健脾益気人参、党参、黄耆、太子参、蒼朮、白朮、薏苡仁、山薬、扁豆、大棗、甘草
血虚顔色白、頭暈、心悸、月経量少
+滋陰養血熟地黄、何首烏、当帰、白芍、枸杞子、阿膠、竜眼肉、大棗
陰虚咽乾唇燥、口乾喜飲、大便乾結、五心煩熱、舌紅無苔または剥脱、脈沈細数
+養陰生津肺陰(天門冬、麦門冬、百合)、胃陰(沙参、麦門冬、石斛、玉竹)、肝陰(熟地黄、何首烏、白芍、枸杞子、女貞子、亀板、鼈甲)、腎陰(熟地黄、枸杞子、桑椹子(そうじんし)、女貞子、亀板、鼈甲)、心陰(竜眼肉、柏子仁、酸棗仁)
陽虚畏寒肢冷、四肢浮腫、泄瀉
+温補脾腎脾陽虚(乾姜、肉豆蔲(にくずく)、草果、縮砂仁、白蔲仁(びゃくくにん))、腎陽虚(鹿茸(ろくじょう)、巴戟天、仙霊脾、仙芋(せんぼう)、補骨脂、附子、肉桂、菟絲子、肉蓯蓉)
併用薬
清熱解毒養陰薬鬱熱は陰虚の上に発生することが多く、化火は陰を虧損する
化痰散結健脾薬痰の病は脾虚の上に発生する
活血化瘀行気薬、養血薬気と血の関係は密接であり、気めぐれば血めぐり、気滞れば血瘀する
血虚健脾益気薬血虚には健脾益気薬を一般的に配合する