栄養

インクレチンとは、小腸への食物流入に伴ってインスリンの分泌を促進するホルモンのことです。

以下の2つがあります。

脂質に反応するGIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド 、glucose ...

栄養

老化とは糖化そのもののことです。

高温で長時間調理するほど、AGEは増えてきます。

1日に摂取exAGEの目安は、15000と言われています。

ピザや揚げ物などをなるべく避けていれば、それほど気にし ...

栄養

アレルギー体質(アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症、アレルギー性鼻炎)には、様々な食事療法が提唱されています。

一方で、糖質制限・高タンパク食が有効であるとも言われていますが、すこしズレがあります。

アレルギー ...

栄養

遺伝的にコレステロールが高くなる疾患です。診断基準は、下記の3つの内の2つを満たすことです。

1.LDL-コレステロール180mg/dl以上

2.腱黄色腫、皮膚黄色腫

3.親族の早期冠動脈疾患の既往 ...

栄養

①コレステロール合成阻害薬. (HMG-CoA還元酵素阻害薬. :スタチン系) ②コレステロール異化促進薬 (プロブコール) ③コレステロール吸収阻害薬. (陰イオン交換樹脂/小腸トランスポーター阻害薬) ④トリグリセリド合成阻害薬(フィブ ...

栄養

肝臓で、食物からエネルギー源として大事な栄養素(中性脂肪、コレステロール)を取りだして、全身に配送します。

肝臓で、ブドウ糖がグリセオールとなり、これが脂肪酸とエステル結合して、トリグリセリド(中性脂肪)となります。中性脂 ...

栄養

酸化ストレスと抗酸化力の測定を行っております。ある程度の食事療法が出来ている人が対象です。

個人の酸化ストレスのレベルと、抗酸化力のレベルが分かります。

私のデータですが、正常圏になんとか入ってます。6回測定し ...

栄養

体内の疼痛抑制システムは、3つあります。

1.下行性疼痛抑制系(セロトニン、ノルアドレナリン)

2.内因性オピオイド

3.脳内報酬系(ドーパミン)

低タンパクであると、これらの神経伝達物 ...

栄養

やっと情報提供してくれました。前著が秘密めいた内容だったので、この本でよくわかりました。

予想通り、ファットアダプテーション+カーボアップでした。

普段からケトン体が出る状態にしながら、ある程度は糖質を摂る食事 ...

栄養

理想的なプロテインバーが出ました。

これまでのプロテインバーには、タンパク質とほぼ同量の糖質が含まれていました。

これは、タンパク質20gに対して、糖質7gです。

糖質制限・高タンパク食には、これま ...