栄養

約20%が潜在性亜鉛欠乏症になっていると言われています。女性に多いです。

ファーストフード、コンビニ食品、加工食品などは亜鉛が少なく欠乏症になりやすいと言われています。

カキ(牡蠣)には100gあたり13.2m ...

栄養

一人の人の栄養の問題があるということは、家族全員に同じ問題がある可能性が高いです。

家族全員で取り組まないと、原則的にはうまく行きません。

タンパク質はある程度摂れていても、糖質の制限が難しいです。

栄養

痩せホルモンのグルカゴンが、ダイエットの決め手と言いましたが、これはケトジェニックの入り口でもあります。

グルカゴンを長時間分泌させて、ケトン回路をしっかり賦活します。

具体的な方法は、朝食を糖質オフにして、プ ...

栄養

サプリを使うのは、糖質制限/高タンパク食が出来た後の話です。

このサイクルから離脱できない人は、原則的には、サプリはまだ早いです。

一方で、サプリを沢山飲みたくない、出来るだけ減らしたい、何か飲んでおきたいとい ...

栄養

痩せホルモンのグルカゴンを分泌させることが鍵になります。

糖質を摂る→肥満ホルモンのインスリンが出る→太る→生活習慣病

このインスリンだだ漏れ生活から離脱しないといけません。

太るのは簡単で、糖質摂 ...

栄養

ダイエットを考えるときに、栄養素で考えるから混乱してきます。

ホルモンで考えて行くと、答えが見えてきます。

肥満ホルモンのインスリンと、その拮抗ホルモンのグルカゴンです。

つまり、グルカゴンが分泌出 ...

栄養

日野原先生も50年飲まれていたサプリです、頭の良くなるサプリと言われています。

毎朝、顆粒状のレシチンを牛乳入りのコーヒーに入れて飲んでます。これまで、脳の衰えを感じたことがないのは、レシチンの力も大きいと思っています。「 ...

栄養

病気にならない15の食習慣-青春新書インテリジェンス-日野原-重明-ebook/dp/B00DKMSXJA/ref=sr_1_7?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=日野原&qid=1557021620& ...

栄養

脳腫瘍の治療後などに、視床下部がダメージを受けた場合に起こってくる肥満。

満腹ホルモンであるレプチンのシグナルを脳が受け取ることができなくなっているため、脳の満腹機構のフィードバックが効かなくなっている状態である。 ...

栄養

レプチンは、全身の肥満細胞から分泌されるペプチドホルモンである。

食欲や肥満に関係するホルモンは、20種類以上あるが、インスリン、グルカゴンの次に重要である。

以下の2つの拮抗関係が特に重要である。