栄養

辨野義己先生の「大便革命 腐敗から発酵へ」の一部を抜粋します。

■ビフィズス菌や乳酸菌から、長寿菌(短鎖脂肪酸のひとつの酪酸を産生する酪酸産生菌)の流れに変化してきている。

■日本の長寿地域では、野菜(さつまい ...

栄養

辨野義己先生の「大便通 知っているようで知らない大腸・辨・腸内細菌」の一部を抜粋します。

■大腸では発酵か腐敗かのどちらかが起きる。

発酵を促すのが善玉菌で、腐敗を促すのが悪玉菌。

オナラが臭いのは ...

栄養

光岡知足先生の「人の健康は腸内細菌で決まる」から一部を抜粋します。

■発酵と腐敗はよく似ているが、どちらも微生物が関与して、糖が分解するのが発酵で、タンパク質が分解するのが腐敗である。腐敗では、アンモニア、アミン、インドー ...

栄養

アランナ・コリン先生の「あなたの体は9割が細菌」の内容の一部を抜粋します。

■消化管には、100兆の微生物が存在し、その種類は4000種類になる。

ヒトの遺伝子の数は、小麦やマウスと大差なく、2万1000個程度 ...

栄養

■自閉症症状を一時的ではあるが改善する効果があるという論文。

2000年にSandlerらの報告があります。

児童へ抗生物質投与後に、慢性下痢が続き、自閉症症状が目立ってくることがあることが知られています。

栄養

2019年にKangらの第2報で2年後の報告が出ました。

CARSは児童において、行動の観察によって、自閉症児を鑑別評価するための尺度です。

カットオフは25点と言われています。

SRSは自閉症症状 ...

栄養

2017年に自閉症児に腸内フローラ移植が有効であったというKangらの報告があります。

18 人の胃腸症状 のある ASD 児に対して、2週間の抗生物質による腸内浄化ののちに、便の腸内細菌移植(主に経口投与)を行ったところ ...

栄養

ウイリアム・ショー博士の新作(2010年)です。内容の一部を抜粋します。

■自閉症と低コレステロール血症。

SLOS(スミス・レムリ・オピッツ症候群)は、コレステロールの最終合成段階の酵素の遺伝的な欠損により、 ...

栄養

ウイリアム・ショー博士が書かれた本です。日本語にも翻訳されています。

世界中で行われている尿有機酸検査の開発者です。内容の一部を抜粋します。

■乳児期の耳の感染症に対して使用した抗生物質が、その後の腸カンジダ症 ...

栄養

自閉症児には、胃腸障害が多いことが知られています。

これまでの報告をまとめると合併率は、9〜91%と幅があります。

2013年にAngelisらは、自閉症児の腸内細菌叢のdysbiosisを報告し、さらに201 ...