その他, 栄養

まとめ:若白髪は、ホエイプロテインなどの高タンパク食、鉄、亜鉛、セレン、銅、ビタミンD、葉酸、ビタミンB12の適切な補給によって改善する可能性があります。甲状腺機能低下症が原因となる場合もあります。

鉄、ビタミンD、葉酸、 ...

心理療法, 栄養, 精神症状

まとめ:抜毛症、皮膚むしり、爪噛みなどの身体集中反復行為は、箱庭療法、絵画療法、習慣逆転法、暴露反応妨害法などの心理療法が有効です。

栄養の面からの治療法もあります。

抜毛症の精神病理としては、言いたいことを言 ...

栄養, 神経疾患

2019年にFuらは、アルツハイマー病とパーキンソン病と胃腸疾患との関係を総括して、どちらも胃腸疾患があるとリスクが上がることから、腸の改善の重要性を指摘しました。

アルツハイマー病はパーキンソン病と比べると、腸や胃腸症状 ...

栄養, 神経疾患

2型糖尿病があると、アルツハイマー病発症のリスクが2倍となることは広く知られています。

その背景にあるメカニズムは、インスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性です。

このインスリン抵抗性が高くなるメカニズムとし ...

栄養, 神経疾患

2011年にDaviglusらは、糖尿病、中年期の高脂血症、および現在のタバコの使用は、アルツハイマー病のリスクの増加と関連し、地中海型の食事、葉酸摂取、低または中程度のアルコール摂取、認知活動、および身体活動はリスクの減少と関連して ...

栄養, 神経疾患

1993年にGiemらは、約3000人の食事について調べた結果、肉を摂取する消費者は、菜食主義者と比べて2倍認知症になりやすいことを報告しました。

2006年にDaiらは、野菜と果物のジュースが、アルツハイマー病のリスクを ...

ホルモン, 栄養

子宮筋腫や子宮内膜症などの方が、手術をせずに薬物療法などを続けて、閉経を待つという方法を「逃げ込み療法」と言います。

閉経になれば、症状が軽くなったり、治まったりするので、それまで待つ治療です。

子宮筋腫とは子 ...

てんかん, 栄養

てんかんの食事療法の変遷は、食事療法を中断してしまうドロップアウトの歴史とも言えます。人は食欲には勝てないので、低糖質・高脂肪食の継続は難易度が高いのが現実です。

自分に合う食事方法を、組み合わせて選択して行く方法がありま ...

てんかん, 栄養

てんかんのケトン食療法は、断食するとてんかん発作が抑制されることから、1911年に最初に提唱された食事法です。(1911年、Guelpa&Mrie)

脳のエネルギー源として、糖質の代わりにケトン体を人為的に活用でき ...

栄養, 神経疾患

■喫煙はパーキンソン病への保護効果はありますが、根本原因は自己免疫疾患に伴う逆行性のα-シヌクレインの蓄積であるので、ニコチンの投与は対症療法的であって治療効果は乏しいです。

喫煙がパーキンソン病の発症と逆相関があることが ...