栄養, 症例

70代の男性です。

60過ぎから足下の不安があり、杖を使われていました。

プロテインが飲めるようになって、みるみる元気になっておられます。

歩くところを見せてもらいましたが、杖が要らないというより、 ...

栄養

肺結核症は、結核菌が原因となって、結果として肺結核症が起こって来ます。

結果として出てくる症状が、咳、発熱、悪寒、倦怠感などがあります。

原因の結核菌に対する治療で、根治させることが出来ます。これが根治療法です ...

栄養

リノール酸の多い植物油を避けるために、マヨネーズを自作する方法があります。

有名なのは、豆乳マヨネーズです。

1.豆乳 大さじ 1.5

2.ラカントS 少々

3.塩 小さじ 1/4

栄養

糖質を12時間中止するために、ホエイプロテインが必要になります。

ニューロフィードバック, 栄養

詳しいことは書かれていませんので、この本そのものは、お勧めしにくいですが、メディアに取り上げられるのは良いことです。

当院では、栄養療法を併用して、ニューロフィードバックを実施しています。

栄養

アレルギー体質(アトピー、喘息、花粉症)は、本質は同じです。

永田良隆先生の本で勉強させてもらってます。

「アトピーは和食で治せ!」、「油を断てばアトピーはここまで治る」

植物油が多く含まれており、 ...

栄養

アレルギー体質(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症)の原因は、解明できていません。

戦後、急激に増えてきていますが、食の欧米化との関係、特に植物油との関係があります。

植物油の代表であるパーム油と大豆油の世界の生産 ...

栄養

色素性痒疹は 胸部や項部,背部を中心に強い掻痒感を伴う紅色丘疹 および紅斑が繰り返し出現し、皮疹の消褪後に粗大な 網目状色素沈着を残すことが挙げられます。

本疾患の 原因は未だ不明であるが、近年はダイエット、糖質制限、摂食 ...

栄養

脳は、タンパク質で出来ている神経伝達物質で働いています。

タンパク質を摂り続けないと、これらの神経伝達物質を作れなくなり、脳は十分には動かなくなります。

毎日、規定量以上のタンパク質を摂らないといけません。

栄養

副腎疲労という病名があります。

原因は、糖質過食による機能性低血糖症を繰り返すことによる、副腎の疲労です。

糖質による膵臓の疲労が糖尿病で、副腎の疲労が副腎疲労です。

人体にとって最大のストレスは、糖質と ...