栄養

がんの食事療法のひとつとして、ゲルソン療法があります。

原法のゲルソン療法では、下記に加えて豆類禁止、コーヒー浣腸などがあり、星野式は原法の70%ぐらいの厳しさと言われています。

星野式ゲルソン療法とは、精神科 ...

栄養

どの油を摂って、どの油を避けるかという問題があります。

基本的にはオメガ6系の不飽和脂肪酸(≒植物油)を避けるのが原則です。

不飽和脂肪酸は炭素の二重結合(C=C)を持っていますが、この二重結合に活性酸素が結合 ...

栄養

西本真司先生の「潰瘍性大腸炎は自分で治せる」を読みました。

・「本人の本気度」が治療を継続するための鍵になる。

・代替医療だけでなく、「急性期を救う西洋医学の必要性」に言及されている。

・ストレス過 ...

栄養

乾癬の病態が、皮膚のターンオーバーの亢進であるならば、皮膚の角化に関する栄養素(ビタミンA、D、亜鉛、カルシウム)の不足が、少なくても皮膚では起こっているはずです。

亜鉛欠乏症の皮膚症状のメカニズムと酷似しています。

栄養

乾癬には免疫機能の異常が関わっており、免疫に異常をきたしやすい体質の人に、環境ストレスなどの刺激が加わることで乾癬を発症すると考えられています。

乾癬の患部では、皮膚の表面に角質が積み重なり、皮膚が厚くなっています。これは ...

栄養

1.排便習慣の改善

毎日1回バナナ便が基本です。

便秘や下痢が当たり前では、問題があります。

糖質制限。高タンパク食が出来れば、排便習慣は改善されることが多いです。

グルテンフリー、ガゼ ...

栄養

爪白癬や膣カンジダ症がなかなか良くならない、再発を繰り返すという話は良く聞きます。

腸カンジダ症が改善しない理由も、基本的には同じです。

抗真菌剤が効かない理由は、真菌症の原因となる医薬品、食事、環境要因を排除 ...

栄養

アンブロシア社から詳しい情報がアップされています。

ストレスの多い人は、除去食療法(特定の食事を避ける食事法)がかえってストレスになりますので、無理にされない方が良いと思います。

以下がポイントですが、難易度が ...

栄養

通常の真菌症であれば病変の一部を直接採取して顕微鏡で見る、あるいはそれを培養することによって確定診断が出来ます。

一方で、腸カンジダ症はこの直接的な診断方法が使えません。

症状から診断して、症状から治療経過を見 ...

栄養

腸カンジダ症の主な医学的な原因は以下です。

1.抗生物質の乱用。

真菌は常在菌ですが、細菌と違って抗生物質が効きません。

抗生物質を摂取すると健常な腸内細菌が死滅して、そこにカンジダが異常に繁殖して ...