栄養

インスリン抵抗性とは、インスリンに対する感受性が低下し、インスリンの作用が十分に発揮できない状態です。インスリン抵抗性とは簡単にいうと「インスリンの効き具合」を意味します。

インスリンは下記のシグナル伝達のメカニズムで、血 ...

その他

真菌症とはいわゆるカビのことで、水虫、いんきんたむし、癜風、爪白癬、頭部白癬などがあります。いずれも真菌が異常に繁殖して、炎症反応として湿疹、発赤、かゆみなどを発症して真菌症となります。

真菌症は通常の栄養療法だけでは治療 ...

その他, 栄養

【ブロッコリー】茹でるより美味しくて簡単な方法

抗がん作用と抗エストロゲン作用が期待できるアブラナ科の代表であるブロッコリーは、キャベツなどと違って料理のレパートリーが少ないと思っています。この調理法ならおいしく食べられま ...

ホルモン

これまでは、閉経後の女性のホットフラッシュ、ほてり、のぼせ、寝汗は血管運動神経の症状と言われており、中年女性のエストロゲンの不足で起こるとされてきました。

一方で現代社会は環境エストロゲンに溢れており、エストロゲン不足は起 ...

ホルモン, 栄養

まとめ:大豆と癌との関係は、基礎研究においては相反する報告があり、一致した結論には至っていません。

エクオールは,大豆イソフラボンの一つダイゼインが,腸内細菌によって代謝を受け,中間体のジヒドロダイゼインを経て生成されます ...

ホルモン, 栄養

大豆はアジアでよく消費される植物性タンパク質、フィトケミカルなどを多く含む食材です。

欧米に比べて、アジア地域では癌や心疾患の発生率が低いことなどから、これまでは大豆の発癌などに対する保護効果が報告されてきました。 ...

栄養

「血液を採ったりとか、自分に合っている食べ物また合ってない食べ物、炎症の起きやすいもの起きにくいものとか、同じ栄養素を摂るにしても自分に合っているものを摂った方が良いので」

「新たに行った血液検査で、大谷選手の身体と卵の相 ...

心理療法

チック障害(チック症)とは、本人の意思とは関係なく(不随意)・急に(突発的に)運動や発声が反復して起こる病態で、それぞれ運動性チック、音声チックと呼ばれます。複数のタイプの症状が長期間続く場合は、トゥレット症候群と呼び区別します。

ホルモン, 栄養

PMS対策の基礎に続いて、応用についての記事です。

1.グルテンフリー・カゼインフリー

小麦製品に含まれるグルテン、乳製品に含まれるカゼインは、完全に消化できる人はいませんので、遅延型食物アレルギー、リーキーガット、自己免疫 ...

ホルモン, 栄養

PMS(月経前緊張症)では、月経前の1~2週間にイライラ、偏頭痛、ニキビ、乳房痛、むくみ、食べ物への渇望などの様々な症状が見られます。

PMS(月経前緊張症)や更年期障害(2012年、Delanoeら、2004年、Ande ...