栄養

生物は、その生物が持つ遺伝子を環境に適応させることによって、進化して生存してきました。

適応させることが出来る(マッチさせる)生物は生き延び、出来ない(ミスマッチ)生物は滅びて来ました。

人類も、氷河期などの激 ...

栄養

人体六〇〇万年史(上、下)は、人類の進化・食事・健康・疾病についての書籍です。

ヒト、チンバンジー、ゴリラは元々は共通の祖先でしたが、900万年前にゴリラと分岐して、さらに600万年前にチンパンジーと分岐しました。 ...

栄養

ミネラルの検査での有害金属の最も頻度の高い問題は、アルミニウムです。

次が、水銀とカドミウムです。

原因としては、コーヒーやビールなどのアルミ缶、缶詰の食品、制汗剤、医薬品などです。

デトックスの方 ...

栄養

自閉症では、葉酸を活性化させる酵素のMTHFR遺伝子に問題があり、高ホモシステイン血症になるという説があります。

沢山の論文が出ており、細かく見ると賛否両論ですが、まとめると関連性ありとなっています。以下がレビューです。

栄養

ホモシステインはメチレーション回路の鍵となる化合物で、酸化ストレスの原因となるために悪玉アミノ酸と呼ばれています。

自閉症で高ホモシステイン血症が見られるとという報告が、2006年にSergiu P. Pas ̧caら、2 ...

栄養

グルタチオンは、メチレーション回路の解毒・抗酸化物質産生経路の主役です。

チオール基(SH基)を持ち、3つのアミノ酸(グルタミン酸、システイン、グリシン)から構成されます。体内で最多のチオール化合物です。

グル ...

栄養

体内に入った鉛は酵素のチオール基(SH基)と強固に結合し、チオール基を有する種々の酵素の働きを阻害します。

チオール基を持つものとしては、αリポ酸、グルタチオン、NAC(Nアセチルシステイン、グルタチオンの前駆体)などがあ ...

栄養

テトラヒドロビオプテリン(BH4)は、メチレーション回路のひとつの歯車です。

BH4は、以下の4つの酵素の補酵素としての役割を担っています。

1. カテコールアミンやセロトニン生合成の律速段階を触媒するチロシン ...

栄養

四大公害のひとつであるイタイイタイ病は、カドミウムの蓄積が原因です。

カドミウムの生物学的半減期は一般に16~38年ぐらいと言われています。

生体に吸収されて肝臓に入ったカドミウムは、そこで有害金属から身体を守 ...

栄養

メチレーション回路に有害金属が影響することがあります。以下のもの(赤字)があります。

有害金属の蓄積に関しては、排便習慣の改善とサプリでデトックスする方法があります。

ホモシステインとの関係で言えば、カドミウム ...