症例, 精神症状

(障害という言葉は避けたいのですが、理解しやすくするために使わせてもらっています)

ほとんどの慢性疾患は、一次性(遺伝性)のものと二次性(後天性)のものがあります。

糖尿病、高血圧、喘息、てんかん、統合失調症な ...

栄養

ミネラルの検査を実施していますが、ある程度食事療法が出来ている人が対象になります。

私の名古屋で測定した4月のデータ(上)、大阪で測定した5月のデータ(下)です。

同機種の別機械での測定です。

非常 ...

栄養, 精神症状

よくあるケースです。

精神科医が診察すると、ADD/ADHDの診断で精神刺激薬を処方する。

睡眠専門医が診ると、睡眠相遅延症候群の診断でメラトニン系睡眠薬を処方する。

カウンセラーが担当すると、心因 ...

栄養, 精神症状

発達障害、精神疾患、生活習慣病などは、糖質制限・高タンパク食でかなり改善してきます。

つまり根本原因は食事であって、それらの病名は目立つ症状に名前をつけただけと言うことです。

病名をつけることで、ガイドラインに ...

栄養

人類はこのような進化(?)の途中ですが、肥満の影響で生活習慣病になる大きな原因がアディポサイトカイン(脂肪細胞から分泌される生理活性物質)です。

脂肪細胞は、内分泌器官としての役割も持っているということです。

...

栄養

血管内皮(けっかんないひ、endothelium)とは血管の内表面を構成する扁平で薄い細胞の層で、血液の循環する内腔と接している。 これらの細胞は心臓から毛細血管 まで全ての循環器系の内壁に並んでいます。

細い毛 ...

栄養

インクレチンとは、小腸への食物流入に伴ってインスリンの分泌を促進するホルモンのことです。

以下の2つがあります。

脂質に反応するGIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド 、glucose ...

栄養

老化とは糖化そのもののことです。

高温で長時間調理するほど、AGEは増えてきます。

1日に摂取exAGEの目安は、15000と言われています。

ピザや揚げ物などをなるべく避けていれば、それほど気にし ...

栄養

アレルギー体質(アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症、アレルギー性鼻炎)には、様々な食事療法が提唱されています。

一方で、糖質制限・高タンパク食が有効であるとも言われていますが、すこしズレがあります。

アレルギー ...

栄養

遺伝的にコレステロールが高くなる疾患です。診断基準は、下記の3つの内の2つを満たすことです。

1.LDL-コレステロール180mg/dl以上

2.腱黄色腫、皮膚黄色腫

3.親族の早期冠動脈疾患の既往 ...