アルカリフォスファターゼ(ALP)

アルカリフォスファターゼ(ALP)は、γ-GTPと共に胆道に多く存在する「胆道系酵素」と言われています。

胆道の流れが止まったときに(胆汁うっ滞、胆管閉塞)、胆管上皮細胞から誘導されて上昇してきます。

またALPとγ-GTPは、刺激によって誘導される「誘導酵素」です。

個人差が大きいので、正常値という概念が適応しにくいので、個人間のALPの変化を見て、胆道系に問題が発生したなどと推察します。

その他にも全身、特に骨にも存在する酵素であり、骨形成の刺激に誘導されて、成長期の子供では高値になります。

20歳までは、ALPは高値になり、大人の4~5倍になることが多いです。

LDHも年齢による変動があり、新生児で大人の1.5〜2倍、10ヶ月でピークとなり大人の2倍で、14〜15歳で大人と同じレベルになります。

構造の一部としてミネラルを要求するが、これらのミネラルが少ないとALPが失活するので、Zn欠乏、Mg欠乏の指標となります。(おおまかな目安程度)