栄養

カンジダ(主にカンジダアルビカンス)は、人体に常在する真菌です。一般の健常者では特に問題になることはありません。現代で問題になっているのは、抗生物質の使用や、糖質過食などを契機とする腸カンジダ症です。腸カンジダ症では、強い倦怠感やうつ ...

栄養

まとめ:疾病よりも地域差が腸内フローラに最も影響を与えていおり、祖先、民族、食事、気候、ライフスタイルが腸内フローラを決定していると考えられます。

2021年にFouquierらは、アメリカのアリゾナ州とコロラド州の自閉症 ...

栄養

東京都が国内産野菜・果実類中の残留農薬実態調査を出しています。

2016年から2020年の結果をまとめました。

これは洗浄されて出荷された野菜や果物に残っていた農薬が検出されたかどうかという結果です。

栄養

アメリカの食物環境などを調査するEWGは、2021年の農作物に含まれる農薬ランキングを発表しています。

これはダーティダースリストと呼ばれ、検出される農薬が多い順位です。

 一方で検出される農薬の少ない作物はク ...

栄養

まとめ:ナイアシンは過剰時はナイアシンフラッシュ、欠乏時は光線過敏症を起こします。これはナイアシンの受容体が皮膚に有り、皮膚の免疫、抗炎症に関与しているからです。

ビタミンB3として知られるナイアシン、ナイアシンアミドは、 ...

栄養

甲状腺機能亢進症の人は、癌にならないと言う話があります。

これは作用機序としては、甲状腺機能亢進症の人は、ヨウ素の摂取量が多いので、癌にならないと考えられています。

癌の最新の検査のCTC検査では、血中循環腫瘍 ...

その他, 栄養

弓田亨氏の「失われし食と日本人の尊厳」を読みました。一部抜粋します。

現在この日本を覆っている広範で重篤な身体と心の病は、戦後急速に日本の食から致命的と言えるまでに様々な栄養素が幅広く欠落してきたことに最も大きな原因がある ...

栄養

まとめ:野菜や果物を食べるほど痩せるという記事を書きましたが、糖質量の多いバナナやイモ類を大量に食べると太ります。

糖質制限は、①単純炭水化物を避けて、複合炭水化物を摂取する糖質選択と、②合計糖質量に注意する糖質量制限の両 ...

栄養

まとめ:食物繊維から作られる短鎖脂肪酸と、絶食時に体内で増えてくるケトン体は、補完的にエネルギー代謝調節だけでなく、炎症、免疫、発癌抑制、精神機能など多くの生体機能のバランスを調整しています。

糖質しか含まない精製糖質は、 ...

栄養

まとめ:野菜や果物をしっかり食べると生体機能全般への効果が期待出来ます。

腸内細菌叢が食物繊維をエサにして作る短鎖脂肪酸は、分解されてエネルギー源となるだけでなく、レセプターを介して、神経伝達物質と同様に沢山の生理作用を発 ...