栄養

栄養
鼻淵(慢性副鼻腔炎)の中医治療

鼻淵(びえん)とは、鼻から濁った鼻水出て止まらない状態で、西洋医学の慢性副鼻腔炎に相当します。 「涕てい」は目から出る涙、または鼻水のこと。 清涕 風寒および身体が虚弱で、衛気不固 粘黄涕 風熱、または風寒の化熱 黄膿涕 […]

続きを読む
栄養
髪の栄養

円形脱毛症の患者では、血中ホモシステインは上昇していないが、赤血球葉酸値が低下していることが報告されています。(2014, Yousefi) 脱毛症におけるビタミン A、ビタミン B、ビタミン C、ビタミン D、ビタミン […]

続きを読む
栄養
女性型脱毛

女性型脱毛では、生え際の後退と頭頂部の脱毛を特徴とする男性型脱毛(ノーウッド・ハミルトン分類)と違って、頭頂部のびまん性の薄毛(部分幅の増加)と前頭部の生え際の温存を示します。 (ルートヴィッヒ分類)。 臨床的な発現形態 […]

続きを読む
栄養
汗疱

汗疱(pompholyx)は、汗を多量にかくと汗腺が詰まり、出口をふさがれます。やがて分泌されず皮膚内にたまった汗が炎症を起こし、水疱ができることにより湿疹となると考えられています。異所性湿疹とも呼ばれます。 多くは手掌 […]

続きを読む
栄養
起立性調節障害とホモシステイン

まとめ:起立性調節障害ではホモシステインの検査が重要です。 起立性調節障害(orthostatic dysregulation)は、以下のサブタイプに分類されています。(起立性調節障害サポートグループ) 起立直後性低血圧 […]

続きを読む
栄養
糖尿病とアルコール〜お酒に適量はありません

■お酒の種類によっては、血糖値への直接の影響は差がありますが、大量のアルコール摂取はインスリン抵抗性を悪化させるため、糖尿病リスクとなります。 お酒の種類によって、含まれる糖質量には差があります。 アルコール摂取直後の血 […]

続きを読む
その他
糖尿病と動脈硬化

糖尿病では、最終糖化産物の蓄積、活性酸素の過剰産生、小胞体ストレス(2014, Howangyin)、脂肪細胞が放出する炎症性メディエーター(2019, Luiz)などによって動脈硬化が発症します。 小胞体ストレス(En […]

続きを読む
ワクチン
肢端紅痛症

肢端紅痛症(erythromelalgia)は、通常は下肢または手の血管が一時的に閉塞し、その後充血して炎症を起こす、まれな血管末梢痛疾患です。四肢末梢の紅潮、皮膚温の上昇、灼熱痛を三兆とします。1878 年にサイラス […]

続きを読む
ワクチン
蠍(さそり)、蛭(ひる)、蚯蚓(みみず)

まとめ:虫類は、血栓溶解作用やデトックス作用を持っています。ワクチン後遺症やコロナ後遺症の治療に、中医学だけでなく、サプリメントとしても使われています。 中医学の生薬 除去散 その他 蠍(さそり) 全蠍(ぜんかつ):通絡 […]

続きを読む
その他
運動と老化

まとめ:適度な運動は、認知機能の維持および老化に対して有効です。 運動がアルツハイマー病に対して予防的効果があることが総括されています。(2017, Cass)(2010, Radak) 身体活動レベルの低下は、アルツハ […]

続きを読む