栄養

中医学、漢方
脳梗塞(中風)の中医治療

中経路 絡脈空虚、風邪入中 突然の半身麻痺、悪寒発熱、関節酸痛 大秦艽(きゅう)湯加減 肝腎陰虚、風陽上擾 平素から頭痛、頭暈、耳鳴、腰膝酸軟、突然の半身麻痺 鎮肝熄風湯加減 痰熱腑実、風痰上擾 突然の半身麻痺、便秘、痰 […]

続きを読む
栄養
キレート鉄サプリの安全性と実績、ヘム鉄のリスク

続きを読む
中医学、漢方
羞明の中医治療

羞明(photophobia)は、強い光を受けた際に、不快感や眼の痛みなどを生じることで中医学では羞明怕熱(はねつ)と呼びます。 風寒束表 両眼の充血、眼痛、目の異物感、悪風感、鼻炎 明目辛細湯 気虚風熱 両眼の充血、眼 […]

続きを読む
中医学、漢方
口渇の中医治療

陰虚による口渇(夜に悪化、飲みたがる)が多い。湿証の口渇では「飲みたがらない口渇」となる。 熱盛陽明 冷水を好む、高熱、発汗、顔面紅潮、目の充血、煩躁(いらいら) 白虎加人参湯 熱入営血 飲みたがらない、潮熱、煩躁、うわ […]

続きを読む
てんかん
てんかん、尿酸、ビタミンC

まとめ:尿酸は体内の水溶性抗酸化物質であり、高尿酸血症と低尿酸血症の両方が酸化ストレスを反映しています。てんかんおよび抗てんかん薬の両方が、尿酸値に影響があり、ビタミンCはこの酸化ストレスに治療的に働きます。 ビタミンC […]

続きを読む
栄養
痛風と尿酸値

(2019年6月17日の記事を加筆修正しました) 痛風の原因は、未だに解明されていません。 尿酸の値が9.0mg/dlを超える高尿酸血症となると危険と言われています。一方で、高尿酸血症の人で、痛風を発病しない人(無症候性 […]

続きを読む
栄養
鼻淵(慢性副鼻腔炎)の中医治療

鼻淵(びえん)とは、鼻から濁った鼻水出て止まらない状態で、西洋医学の慢性副鼻腔炎に相当します。 「涕てい」は目から出る涙、または鼻水のこと。 清涕 風寒および身体が虚弱で、衛気不固 粘黄涕 風熱、または風寒の化熱 黄膿涕 […]

続きを読む
栄養
髪の栄養

円形脱毛症の患者では、血中ホモシステインは上昇していないが、赤血球葉酸値が低下していることが報告されています。(2014, Yousefi) 脱毛症におけるビタミン A、ビタミン B、ビタミン C、ビタミン D、ビタミン […]

続きを読む
栄養
女性型脱毛

女性型脱毛では、生え際の後退と頭頂部の脱毛を特徴とする男性型脱毛(ノーウッド・ハミルトン分類)と違って、頭頂部のびまん性の薄毛(部分幅の増加)と前頭部の生え際の温存を示します。 (ルートヴィッヒ分類)。 臨床的な発現形態 […]

続きを読む
栄養
汗疱

汗疱(pompholyx)は、汗を多量にかくと汗腺が詰まり、出口をふさがれます。やがて分泌されず皮膚内にたまった汗が炎症を起こし、水疱ができることにより湿疹となると考えられています。異所性湿疹とも呼ばれます。 多くは手掌 […]

続きを読む