栄養

新型コロナ
長寿薬

まとめ:長寿効果のある生活習慣、食事、サプリ、薬剤があります。新型コロナ後遺症やワクチン後遺症では、免疫老化と炎症老化を賦活するため、老化を促進します。レニン・アンギオテンシン系は老化に関係しており、ACE2受容体に作用 […]

続きを読む
栄養
免疫には、ワクチンよりも栄養状態が重要です

まとめ:医学では免疫は栄養ではなくワクチンが要と考えられていますが、免疫は食事による栄養状態と密接に関係しています。 栄養状態は、炎症や酸化ストレスに関連しており免疫系に影響を与えることが総括されています。(2020, […]

続きを読む
栄養
ヘバーデン結節は自己免疫疾患

ヘバーデン結節(heberden's nodes)は、イギリスのWilliam Heberden医師が1802年にはじめて報告しました。 第1関節に結節が出来るのがヘバーデン結節で、第2関節がブシャール結節です。関節では […]

続きを読む
新型コロナ
老化と断食

まとめ:新型コロナ後遺症、ワクチン後遺症の慢性炎症、自己免疫疾患、易感染性、老化現象などに対して断食が有効です。 加齢に伴って様々な生命機能が低下していく現象を「老化」と呼びますが、特に免疫系が低下して、感染症、自己免疫 […]

続きを読む
栄養
SIBOとSIFOのハーブ、漢方、薬物治療

まとめ:火食を基本として、生食が苦手な人類は消化器の感染症対策が不得手です。食事として、抗菌、抗真菌作用を持つハーブなどを取り入れる方法が自然療法的です。 SIBO(small intestinal bacterial […]

続きを読む
栄養
SIBOとSIFO

まとめ:SIBOとSIFOは同じ原因で合併して発症してきます。 SIBO(small intestinal bacterial overgroth、小腸内異常細菌増殖)は、本来は大腸に比べて腸内細菌の少ない小腸に異常に腸 […]

続きを読む
栄養
エキナセア

エキナセア(Echinacea)は、インディアンの時代から薬草として、免疫を高めることによって呼吸器疾患の予防と治療に使われてきました。 エキナセアの含有成分については、エキナコシドやシナリンなどのカフェ酸誘導体やヘテロ […]

続きを読む
栄養
イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキス(Ginkgo biloba extract)は、記憶を高める効果があると言われているハーブです。(2004, Smith) イチョウ葉エキスには、フラボノイド、テルペノイド、アルキルフェノール類の複数の […]

続きを読む
栄養
発達障害と植物性化学物質

まとめ:発達障害に有効な植物性化学物質として、スルフォラファン、レスベラトロール、クルクミン、ナリンゲニン、ルテオリン、ケルセチン、エピガトカテキンガレート、イチョウ葉エキス、アピゲニン、バイカリンなどがあります。これら […]

続きを読む
栄養
がんにおけるNrf2の二重の役割

まとめ:Nrf2の活性化は発癌に対して、抑制的と促進的の二重の役割を持っています。 恒常性の制御下にある限り、Nrf2 の活性化は、DNA などの細胞成分を、急性/一時的な酸化ストレスおよび生体異物ストレスから生じる損傷 […]

続きを読む