多発性硬化症の栄養療法

投稿者: | 2020年6月11日

栄養療法では多発性硬化症を、以下の4つに分類しています。

①遅延型食物アレルギーと関連しており除去食療法が有効である。

②神経細胞の栄養失調と考えてメガビタミン療法が有効である。特にビタミンB1とB3の大量療法を推奨。

③慢性カンジダ症がありカンジダクレンズが有効である。

④ミネラルの問題がありミネラルの補充とデトックスが有効である。

その他に人工甘味料が原因となる場合や、オメガ3脂肪酸の不足が原因となるケースも指摘されています。

高タンパク質、糖質制限

卵、レバー、多脂魚、バター(ミエリン鞘の材料となる脂質としてコレステロール、オメガ3脂肪酸、飽和脂肪酸のため)

緑黄色野菜を快便が維持できる量を摂取

塩、人工甘味料、食品添加物を可能な範囲で制限

ビタミンB50、ベンフォチアミン、ナイアシンアミド

ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

鉄、亜鉛、セレン、マグネシウム

レシチン