グルテンよりもフルクタンが問題

2020年8月21日

グルテンフリーダイエットは、先進国では常識になってきていますが、小麦の問題はタンパク質のグルテンだけではなくて、フルクタンという糖質も問題です。

フルクタンはフルクトースが複数で重合したもので、高FODMAP食の小麦、たまねぎなどに多く含まれています。サプリメントではイヌリンがフルクタンです。

現代病の象徴とも言えるSIBO(小腸に腸内細菌が異常増殖して、ガス、お腹の張りなどの腹部症状が出る疾患、自己免疫疾患に繋がる可能性があります)の原因のひとつです。

2018年にSkoidjeらは、腹部の不快症状の原因はグルテンではなくフルクタンであると報告しています。

2011年にBiesiekierskiらは、グルテン過敏症のない患者がフルクタンによって胃腸症状を引き起こすことを示唆しています。

小麦製品、乳製品は問題が多いので、出来るだけ減らすのが原則です。

腹部症状がある人は、WPCホエイプロテイン、食物繊維のサプリ、プロバイオティクス、発酵食品が原因となってSIBOを起こしている可能性があるので、見直しが必要です。