グルテン精神病

2021年9月8日

<症例1、14歳、女性>

初発症状は、イライラ、毎日の頭痛、集中力の低下でした。

4か月後に症状は悪化し、頭痛はよりひどくなり、睡眠が取れなくなり、無気力になりました。学校の成績も悪化しました。

彼女の母親は、彼女からこれまで経験したことのないひどい口臭したと言っていました。彼女の行動は非常に不安定だったので、精神科外来に紹介されて、薬物治療が始まりました。

その後、人々が彼女を追いかけて怖がらせるためにテレビから出てきていると言う幻覚・妄想を訴えはじめました。また体重減少、腹部膨満、重度の便秘がありました。

彼女は精神病棟に入院しました。病院では、あらゆる種類の検査を実施しましたが、すべて正常範囲でした。彼女はグリアジン抗体をチェックしましたが、陰性でした。多くのラボではグリアジンのみをテストしますが、消化が不十分な小麦には62種類のペプチドがあります。

EEGは徐波活動の異常を示しました。これは、小麦に対する感受性の明らかな兆候です。

彼女はまれな自己免疫性脳炎を疑われて、ステロイドが投薬されて退院しました。ステロイドは炎症を軽減し、部分的な一時的な臨床的改善をもたらしましたが、ケリーの精神症状は続きました。

無気力、無関心で、身の回りのことが出来ない状態でした。

パスタを食べた後に、急に泣き始め、不安、混乱、歩行困難、せん妄となりました。

その後は精神病院の入退院を繰り返し、妄想と自殺念慮のために抗精神病薬の治療が行われました。

一年間での体重減少が15%あったので、栄養士がグルテンフリーを開始したところ、1週間ですべての症状が劇的に改善しました。

その後は不注意でグルテンを摂取すると、数時間以内に症状が再発しますが、2〜3日で軽快します。

セリアック病の検査は陰性であり、非セリアックグルテン過敏症によって精神症状を示した症例です。

麦から分解されたオピオイド活性を持つペプチドが、リーキーガット症候群によって体内に入り、脳血液関門を通り抜けて、中枢神経に影響を与えていたと考えられています。

<症例2、少女>

4歳または5歳頃から再発性の胃腸の問題(便秘)と、頻繁な幻視および幻聴の発症を経験し始めました。

たとえば、架空の男の子が鮮やかに見えたり、外の木で眠った幽霊や色とりどりの妖精と会話することが出来ました。また、火あぶりにされそうになる幻覚や恐ろしい生き物の幻覚もありました。彼女の幻覚は時々宗教的なテーマで彩られました。たとえば、彼女は、きらめくクリスタルのゴブレットで天国で美しく精巧な宴会を見て、一見ランダムに見えますが、特定のことをするように彼女に求める神の声として聞こえました。

彼女の幻覚のいくつかは繰り返し出てきて、多くは相互に関連していました。これらの経験はほぼ毎日発生し、「彼女の人生の一部」となっていました。一部の幻覚を除けば、彼女はこれらの幻覚の人たちとの話し合いをとても楽しんでいました。彼女は、これらの幻覚は現実と見分けがつかず、時には、彼らが現実ではないことに気付かずに、物理的に手を伸ばしてさまざまなキャラクターに触れることも出来ました。

彼女は、子供時代の友人関係はこれらの架空の人物が中心になっており、他の子供との友人を作ることがあまり出来ませんでした。彼女は小学校に入学後は、これらの幻覚が気になって、学校で十分に集中することも、試験のために勉強することも出来なくなり、不登校の時期もありました。

10代の時に便秘型の過敏性腸症候群の診断で投薬治療を受けていました。

彼女は大学での栄養講義に出席した後に、グルテン感受性の話を聞いて、グルテンフリー食を開始しました。その後、彼女の胃腸の症状と幻覚は完全に消失しました。彼女は、人生で初めて勉強に集中して座ることができ、生物学の学位を取得して就職することができました。

彼女の症状は劇的に解消されたので、その後は完全にグルテンフリーを維持しました。しかし、時折不注意なグルテン摂取によって、鮮やかな幻覚や激しい腹痛を含む以前の症状が再発しました。

彼女は完全に見当識障害になり、周囲の状況がわからなくなりました。たとえば、グルテンを含むオートミールを意図せずに食べてから3時間後、彼女は職場のコンピューター画面に「エイリアン」が見え始め、コンピューターコードの一部でテディベアを拘束したと信じていました。彼女はぬいぐるみを救おうとして、オフィスの多くの器具のプラグを抜きました。彼女のパートナーが仕事から彼女を迎えに来たとき、彼女は彼をまったく認識せず、彼がどのように彼女のアパートの鍵を持っているかについて非常に混乱していました。症状は24時間後に軽減し始め、2〜3日以内に完全に解消しました。

彼女は、このパターンが予測可能であったと報告しています。グルテンに再曝露された場合、再発は3〜5時間以内に発生して、重大な見当識障害と現実からの逸脱をもたらします。彼女がグルテンフリーの食事を維持している限り、エピソードは48〜72時間以内に自然に解消しました。

セリアック病の検査は陰性であり、非セリアックグルテン過敏症によって精神症状を示した症例です。