心不全

心不全とは、「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」です。

様々な原因で心臓のポンプ機能が低下している状態です。

■症状

むくみは、全身の血流が滞ることで、重力との関係で下肢のむくみが出てきます。むくみによる体液量の増加で、体重が増加します。昼間は、血管から体液に水分の移行によって尿量が減ります。夜間は、身体の中心部に血流が戻って腎臓の血流が増えることで、深夜の尿量が増えます。

呼吸困難は、肺での血流の滞り(肺水腫)によって、血液への酸素の取り込みが低下して起こります。呼吸困難は、疲れやすさや身体のだるさとして現れる場合もあります。肺水腫によって、咳や痰が出ます。

重症化すると、夜間発作性呼吸困難、起座呼吸が起こってきます。横になると、肺の血流が増えて肺水腫が悪化するためです。

呼吸困難を呈する心不全と喘息の鑑別では、座位で改善するかどうかがポイントになります。

■重症度分類

心不全は一旦寛解することはありますが、完全に治ることは基本的にありません。欧米の報告によるとステージごとの予後は、5年後の生存率で、ステージA、B、C、Dでそれぞれ97%、96%、75%、20%と報告されています。心不全と診断されてから5年で約50%の死亡率と考えられています。

■治療

適度な塩分制限など

■検査

血液検査(BNP)、胸部レントゲン、心電図、心エコーなど