ビタミン欠乏と皮膚症状

2019年6月12日

ビタミンA:皮膚・粘膜などの乾燥化、眼球乾燥症、ビトー班(下図)、毛包周囲の角化、角膜硬化症、夜盲症、視力低下、失明、

ビタミン B1:手足のしびれ、脚気、ウェルニッケ脳症(意識障害、精神障害)、腰痛など反射神経の異常、食欲不振、消化不良、下痢

ビタミンB2:口角炎、口唇炎、口内炎、舌炎、脂漏性皮膚炎、目や舌、唇の粘膜異常、肌荒れ、髪のトラブル羞明、流涙、 てんかん、

ビタミンB6:脂漏性皮膚炎、口角炎、舌炎 、貧血、多発性末梢神経炎、てんかん、神経過敏、眠れない、胃がただれる

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

パントテン酸:症状四肢のしびれ感、足の灼熱感

ナイアシン:ペラグラ(皮膚炎、下痢、認知症)

葉酸:舌炎、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、下痢、胎児(神経管閉鎖障害)二分脊椎症

ビタミンB12:ハンター舌炎、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、末梢神経炎、亜急性連合脊髄変性炎、だる さ、めまい、動悸、息切れのほか、手足のしびれや精神的落ち込み

ビオチン:乾癬、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症性骨関節炎、脂漏性皮膚炎、舌炎、糖尿病、免疫不全症諸病、、筋肉痛、悪心、嘔吐

ビタミンC:壊血病(皮膚や粘膜からの出血