CTC検査(循環腫瘍細胞検査)

2019年10月2日

がん細胞が1.5mmの大きさになるとヒトの血管との接続を増幅し、ヒトの栄養を活発に取り込み成長していきます。この血中から栄養を取る際に血中にCTC(血中循環腫瘍細胞、Circulating Tumor Cell)を含む大量の様々な細胞を放出します。

一般的には、CT、エコー、MRIでは1cmの大きさで発見、PETでは5mmの大きさで発見可能と言われています。

このCTC細胞を同定することで、より早期にがんを発見することが出来ます。

以下のような有効性があります。

  1.  手術後の転移がないかを調べる
  2.  再発予防の治療を受ける必要があるかどうかを調べる
  3.  CT、MRI、PET検査では転移がはっきり分からないので、再発の超早期発見を希望する
  4. CT、MRI、PET検査では転移がはっきり分からないのが、腫瘍マーカーが高く再発が心配される
  5.  再発しやすい「乳がん」「前立腺がん」「腎がん」「肝臓がん」などの長期経過観察