腸管カンジダ異常増殖、腸カンジダ症

2019年10月19日

真菌(カビ)は、ヒトの常在菌として存在して、時に増殖して症状化します。

有名なのは水虫、爪白癬、膣カンジタ症です。

あまり知られていませんが、腸内にカンジダが増殖することもあります。

これを腸管カンジダ異常増殖とか、腸カンジダ症と言います。

医薬品の副作用や体調不良などをきっかけとして、腸内フローラバランスが変化することによって起こって来ます。

異常な疲れやすさやお腹の張りやガスなどの腹部症状が主症状です。

重症例では、リーキーガット症候群となり、免疫系の異常(感染、自己免疫疾患)、デットクス機能の障害などの様々な問題が起こってきます。