自閉症の偏食と栄養

2010年にCermakらは、自閉症児の食事選択性(偏食)については、自閉症児の感覚過敏が原因のひとつであるが、ゴールデンスタンダードとなる解決法はないと考察しています。

2010年にBandiniらは、自閉症児は食事選択性のために栄養不足に陥っていることを指摘してます。

2006年にSchreckらは、自閉症の食事選択性の原因のひとつは、家族の食習慣であると指摘しています。

2016年にBerdingは、自閉症の食事選択性、自閉症によく見られる胃腸症状、自閉症の腸内フローラの乱れの関係を考察しています。

2019年にRistriらは、自閉症の食事選択性と栄養不足と免疫系の問題の発病仮説を提唱しています。

2017年にLiらは、自閉症と腸内フローラについての考察しています。

自閉症児は食事選択性のために、果物、野菜、タンパク質の摂取量が少なく、カリウム、銅、葉酸、カルシウムの1日あたりの摂取量が大幅に少なくなっています。

自閉症児への栄養療法としては、オメガ3脂肪酸のサプリ、グルテンフリー・カゼインフリーダイエット、ケトジェニックダイエット、カルニチンのサプリの有効性を示唆しています。

自閉症への過去の介入研究の一覧をまとめています。

Gastrointestinal (GI) symptoms are a common comorbidity in patients with autism spectrum disorder (ASD), but the underlying mechanisms are unknown.