自閉症とグルテン

2020年11月30日

セリアック病はグルテンに対する免疫応答によって発病する遺伝的な自己免疫疾患です。

2005年にFinizioらは、セリアック病の成人の86%が額が肥大していることを明らかにしました。これは、額が拡大しているすべての人がセリアック病であるという意味ではありません。

健常者(右)では、額の上から目の上側のまつげまで、そこから鼻先まで、そこから顎の下のラインまでは、均等な1:1:1の比率ですが、セリアック病では、額の比率が大きくなっています。

この額が大きくなることはセリアック病の症状の中で最も重要な指標のひとつと言われています。

一方で、自閉症児においても、乳幼児期の脳の過成長が以前より報告されています。

UCSDの研究によると、特に社会的機能などに関係する前頭葉の過成長があり、これは自閉症の前頭葉における脳内のネットワークの問題を補うために起こると推測しています。

一方で、セリアック病やグルテンフリーダイエットと自閉症とのはっきりした関連は明らかにされていません。

一部のセリアック病において、自閉症のリスクが著しく増加することが報告されています。

グルテン過敏症の子供は、自閉症と同様に前頭葉が過成長するリスクが指摘されています。