マグネシウム欠乏による皮膚症状

2019年5月17日

マグネシウム欠乏により、乾燥肌、湿疹、冷え性などが出てきます。

マグネシウム欠乏により角層の再生が不十分になることが原因と言われています。

マグネシウムが不足すると角層がはがれ落ちて、再生が追いつかずに、乾燥肌、湿疹に繋がります。

治療は入浴剤がお勧めです。

マグネシウム欠乏による皮膚は、落屑(らくせつ)です。

亜鉛欠乏による皮膚は、増殖です。

反対の関係になってます。