脱プラスチック

まとめ:プラスティックの問題が懸念されています。プラスティック製品を完全に避けることは難しいですが、プラスティック製の保存容器、調味料の容器、ペットボトル飲料などに注意することをお勧めします。

2022年7月にアメリカ合衆国・オレゴン州ユージーンで世界陸上競技選手権大会が開催されました。

選手が脱プラスティックの流れで、紙パック入りの水を飲んでいたことが報道されています。

プラスチックの生産量は爆発的に増えていることが知られています。(2020年、Haleら

プラスティックは、ビスフェノールAやフタル酸ジ-(2-エチルヘキシル)(DEHP)などの内分泌かく乱物質の問題を起こします。(2010年、Haldenら

マイクロプラスティックは5mm以下の小さなプラスティック断片ですが、分解することが困難なために、最終的には海洋環境で新たに発生する汚染物質となります。(2011年、Andradyら

ボトル入りの水源のみを介して推奨される取水量を満たす個人は、水道水のみを消費する人の4000マイクロプラスチックと比較して、年間90000マイクロプラスチックを追加で摂取している可能性があります。(2019年、Coxら

魚がマイクロプラスティックを食べていることが明らかにされています。(2021年、Liら

水中だけでなく大気中のマイクロプラスティックの問題も懸念されています。(2020年、Zhangら

マイクロプラスティックは、人間の体内からも検出されています。(2022年、Leslieら

第二次世界大戦後、現代病などのあらゆる疾患が増えて来ていますが、プラスティック問題との関連が懸念されています。