ホモシステイン

2019年11月14日

悪玉アミノ酸として有名なホモシステインとビタミンDは、リコード法(認知症の治療法)の中で取り上げられています。

ホモシステイン (homocysteine) は、必須アミノ酸のひとつであるメチオニンの代謝における中間生成物です。

ホモシステインの代謝には、葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12が関与しています。

これらのビタミンの欠乏があると、ホモシステインの濃度が高くなり、動脈硬化(血管内皮細胞の障害にホモシステインが関係する)、片頭痛、認知症のリスクが上がります。

ホモシステインを測定して、12nmol/mL以上の場合は、これらのビタミンを服用します。

ホモシステインの測定は、通常は保険適応出来ません。

B-50 毎食後1錠で開始します。

3ヶ月後に効果不十分であれば、増量または活性型ビタミンB剤を検討します。

高ホモシステイン血症に効果があるトリメチルグリシンを摂取する方法があります。

ホモシステインをメチオニンに変換する反応において、メチル基を提供するメチルドナーとして働きます。サプリも販売されています。

食物から摂取するには、下記を参照して下さい。

これでも改善しなければ、メチオニンの多い食物を避ける方法があります。