低タンパクの影響は、子供では発達と成長の問題へ

kindle版も出ました。

この図は、タンパク質摂取と糖質摂取を簡単なイメージの図にしてみました。

糖質を摂りすぎると、子供でも肥満になります。

タンパク質を摂れば、発達が改善されて、子供の場合は身長が伸びるというイメージです。

解剖学的に見れば、脳の成長は、神経細胞が増えやシナプスが伸びて行くことです。

神経伝達物質の元は、タンパク質です。

神経伝達物質の分泌条件を満たすように、栄養を摂ることが、薬より先にやるべきことです。