糖質制限中のアルコール摂取

2019年4月20日

基本的にアルコールはたしなむ程度のもので、1杯までが原則です。

禁酒を指示されている人は、この記事は関係ありません。

糖質制限とアルコールとの関係で見ていくと、

1.甘いお酒(日本酒、甘い白ワインなど)とビールは、糖質が多いので問題です。

2.糖質の少ないのは、赤ワイン、辛口の白ワイン、焼酎、ウイスキーです。

3.糖質ゼロのビールや日本酒は、問題がないです。

いずれにせよ、量を飲むと、アルコールそのものの問題が出てきます。