ケトジェニックは飲酒検問に注意!?

2019年5月16日

ケトジェニックになるとアセトン臭が出ると言われています。

これがアルコール検知器に反応するようです。

私のデータで同時測定です。もちろんお酒は飲んでいません。

上がケトン体、下がアルコール検知器です。

呼気1リットル中のアルコール量が、0.15〜0.25mg/L→酒気帯びで違反点13点

呼気1リットル中のアルコール量が、0.25mg〜/L→酒気帯びで違反点25点

ケトジェニックの人は、自分の血液検査の結果を車に入れておくべきです。

警察で血液検査でアルコール濃度の測定をして確定する方法も、一応は存在はするようです。

現時点で、検問の呼気検査で陽性の場合は、自分の希望で血液検査して身の潔白を証明する流れは出来ていません。

自分の血液検査のデータを見せて、現場の警察官と交渉するしかないと言われました。(2019/4/19時点)

飲酒検問は、検査器だけで行っているのではなくて、そもそも「酒気帯び状態」があるかないかを見ている。お酒の臭い、顔面の紅潮、話し方などを見ている。酒気帯びの症状がなければ問題はない。

市販のアルコール検知器で反応する可能性はゼロではないが、警察で使用する物は、エタノール以外での反応が出ないように改良が積み重ねられている。(2019/5/16)