ダイエットは、午前中が勝負!

ダイエットを考えるときに、栄養素で考えるから混乱してきます。

ホルモンで考えて行くと、答えが見えてきます。

肥満ホルモンのインスリンと、その拮抗ホルモンのグルカゴンです。

つまり、グルカゴンが分泌出来るような状況を整えていけば、痩せてきます。

太るのは簡単です。一瞬で出来ます。

糖質を摂る→血糖値が上がる→インスリンが出る→肥満です。

これが、諸悪の根源で、生活習慣病の元になります。

しかし、グルカゴンを分泌させるのは大変です。

「糖質摂取後、糖質オフの状態で、12時間経過すると、グルカゴンが分泌され、脂肪が分解されます」

これを社会生活で実践するには、夕食から次の日の昼食までの時間を使うのが、合理的です。

①夕食から、次の日の昼食までを、糖質オフとします。

②朝食を、砂糖無しコーヒー、糖質オフの野菜、プロテイン、卵だけにする。

これで、午前中に脂肪が分解されて、痩せてきます。

午前中がゴールデンタイムです。

午前中にある程度の糖質を摂ったら、グルカゴンの分泌が止まり、痩せません。