チック症と栄養〜その2

2019年7月25日

Mantelら(2004)に、チック症115人の内、ビタミンB群が60-70人に効果的であり、次いでビタミンC,ビタミンE,カルシウム、マグネシウムが55人に有効であったと報告しました。

この効果は若年者ほどより有効であったと報告しています。

Mu ̈ller-Vahlら(2008)は、チック症の887人中224人(34%)に食事療法が有効であったと報告しています。

具体的な食事法は、除去食療法(腸管の炎症を防ぐ食事)や砂糖無しの食事が、チック症状の軽減に有意に有効であったと報告しています。

さらに、チック症状を増加させるのは、コーラ、紅茶、コーヒー、砂糖、お菓子と報告しています。

Gabbyら(2012)は、オメガ3脂肪酸がチック症状に有効であると報告しています。

Blochら(2016)は、Nアセチルシステイン(NAC)のチック症に対する二重盲検無作為抽出試験を実施したが、有効性は証明できませんでした。