その他

その他
尿酸を下げる薬と癌の関係

台湾での外来患者100万人を対象とした後ろ向きコホート研究で12年間追跡調査した結果、尿酸を下げるアロプリノールを90日以上服用した患者では、すべての癌のハザード比(リスク)は、1.21 (95% 信頼区間 = 1.03 […]

続きを読む
その他
がん幹細胞

がん細胞には正常細胞と同じように、元になる細胞=「がん幹細胞」が存在することが近年の研究でわかってきました。 またこのがん幹細胞には、がんの標準治療である抗がん剤(2005, Dean)(2008, Eyler)(200 […]

続きを読む
その他
2023年の「出生数」全国72万6000人で過去最少

去年の「出生数」全国72万6000人で過去最少か 日本総研か(2024年2月14日NHKニュース)

続きを読む
その他
マクガバンレポートと日本の癌

1977 年アメリカ合衆国上院特別栄養委員会報告書というものが公表されました。委員長ジョー ジ・マクガバンの名前を取って、通称「マクガバン・レポート」と言われております。1970 年代前半、 当時アメリカのフォード大統領 […]

続きを読む
その他
心不全

心不全とは、「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」です。 様々な原因で心臓のポンプ機能が低下している状態です。 ■症状は、むくみ、呼吸困難、動悸、息切れ、咳 むくみは、全身の血流 […]

続きを読む
その他
がんのスクリーニング検査の意味?

9年以上の追跡調査を行ったランダム化臨床試験の体系的レビューとメタ分析が実施され、一般的に使用される6つのがんスクリーニング検査の全死因死亡率と推定生存期間が報告され、スクリーニング検査とスクリーニングなしの検査を比較さ […]

続きを読む
その他
糖尿病と動脈硬化

糖尿病では、最終糖化産物の蓄積、活性酸素の過剰産生、小胞体ストレス(2014, Howangyin)、脂肪細胞が放出する炎症性メディエーター(2019, Luiz)などによって動脈硬化が発症します。 小胞体ストレス(En […]

続きを読む
その他
運動と老化

まとめ:適度な運動は、認知機能の維持および老化に対して有効です。 運動がアルツハイマー病に対して予防的効果があることが総括されています。(2017, Cass)(2010, Radak) 身体活動レベルの低下は、アルツハ […]

続きを読む
その他
スタチン誘発性ミトコンドリア機能障害

まとめ:コレステロール低下薬のスタチンは、様々なメカニズムでミトコンドリア機能障害を起こします。 スタチンの副作用は、主に筋肉の症状として知られています。筋肉疲労、筋肉痛、脱力感、腱痛、夜間の筋肉のけいれん、最も重篤な場 […]

続きを読む
その他
肝硬変

まとめ:肝硬変では血小板減少、アルブミン低下、ビリルビン上昇などが起こってきます。肝臓がんの腫瘍マーカーのチェックが必要です。 肝硬変が進むつれて、血小板、白血球数が減少してきます。これは、肝臓の繊維化、いわゆる硬くなる […]

続きを読む