その他

その他
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の診断

(2020年6月4日の記事を加筆訂正しました。) まとめ:ME/CFSの診断のポイントは、PEM、非回復睡眠、うつ症状、POTSです。 慢性疲労症候群は、長期におよぶ疲労を主症状とする症候群で、1988年にアメリカで病名 […]

続きを読む
その他
間欠性跛行

間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは、歩行などで下肢に負荷をかけると次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し再び運動が可能となることです。 考えられる疾患としては、腰部脊柱管狭窄症が最も多 […]

続きを読む
その他
無汗症

(2022年7月7日の記事を加筆しました) 無汗症(anhidrosis)は、発汗が減少したりなくなったりするため、皮膚が乾燥し、かゆみが出ることがあります。広範囲の無汗症では、高温になると体温調節の障害で、のぼせ、発熱 […]

続きを読む
その他
セロトニンと癌

まとめ:セロトニンと癌との関係が指摘されています。 セロトニンが、前立腺癌、乳癌、小細胞肺癌、結腸直腸癌、胆管癌、肝細胞癌(2010, Soll)、神経膠腫、およびカルチノイド腫瘍などに対して成長促進効果を示すことが総括 […]

続きを読む
その他
子供の円形脱毛症

まとめ:子供の円形脱毛症は心理的ストレスとの関連が指摘されています。 8〜18歳の円形脱毛症の74人の子供について心理テストで評価したところ、円形脱毛症患者は、特に小児期において、不安やうつなどの精神状態および生活の質の […]

続きを読む
その他
相貌失認

相貌失認(Prosopagnosia)は、何度も会っている人の顔が識別できないという症状です。 頭部外傷や脳卒中に伴って発症する場合もありますが、脳の発達に伴って発症することもあり、これを発達性相貌失認(developm […]

続きを読む
その他
アーレンシンドローム

アーレンシンドロームとは、視覚過敏症の一種で、ある波長の光の感受性が高いために起こる視覚の困難のことです。 アーレンシンドロームの見え方はYouTubeで紹介されています。 アーレンシンドロームと診断された66名について […]

続きを読む
その他
サル痘の正体

まとめ:2022年のサル痘は、ほぼ男性間の性感染症です。空気感染の報告例、およびアフリカ以外での死亡例はありません。 サル痘は、1970年にコンゴ民主共和国でヒトでの初めの感染が確認された、天然痘の仲間であるサル痘ウイル […]

続きを読む
その他
こむら返りとケトン体

まとめ:夜間のこむら返りは、糖質制限などによるケトン体の生成に伴って起こってきます。対策は、①ロカボ、特に夕食時に複合炭水化物の摂取、②寝る前のストレッチ、③マグネシウムの摂取です。 こむら返りは、ケトン食療法や糖質制限 […]

続きを読む
その他
感染後ME/CFS

まとめ:感染やワクチンによる異物の侵入が確定的トリガーになって、ME/CFSが発症します。新型コロナ感染症、新型コロナワクチンでも後遺症としてME/CFSに似た病態が起こってくるのではないかと考えています 長期に及ぶ疲労 […]

続きを読む