その他, 栄養

弓田亨氏の「失われし食と日本人の尊厳」を読みました。一部抜粋します。

現在この日本を覆っている広範で重篤な身体と心の病は、戦後急速に日本の食から致命的と言えるまでに様々な栄養素が幅広く欠落してきたことに最も大きな原因がある ...

その他, 栄養

これまでに診させて頂いた疾患で何の疾患が一番印象が強かったかと言えば、遅発性ウイルス感染症です。この疾患は潜伏期間が約10年と極めて長い神経系のウイルス感染症です。有名なものは麻疹に感染した後に、数ヶ月から数年間をかけて神経症状の進行 ...

その他

友人が前世療法のスペシャリストなので、以前から色々と教えて頂いています。

「治療中に出てきた前世が真実のものであったとしても、真実でなかったとしても、治療効果は同じ」、「今までに何人も古代語を話す人に会った」など興味深い話 ...

その他, 栄養

発達障害の方は、ほとんど例外なく偏食です。

人類の食文化を振り返ってみると、一日中歩き回って食料を探して、とにかく食べられるものを昆虫でも野草でも、選ばずに何でも食べてきました。

現代人の好きな物だけを選んで食 ...

その他, 栄養

生活習慣病に対する運動療法は、治療ガイドラインでも推奨されています。

運動療法は、有酸素運動(ウォーキングなど)とレジスタンス運動(スクワットなど)に分けられますが、近年はレジスタンス運動の有効性が注目されています。

その他, 栄養

線維筋痛症は慢性的な全身の激しい痛みを特徴とする疾患です。

痛みは一定ではなく、日によっても波があります。特に睡眠不足や精神的なストレス、過度の運動、天候によって症状が左右される傾向があることも特徴です。

遺伝 ...

その他, 栄養

発達障害の方が増えているという話があります。

発達障害の診断は臨床症状と生育歴で行い、知的障害の診断は知能検査で行います。

発達障害の診断のための検査として同様に知能検査も行います。

知能検査で、全 ...

その他, 精神症状

アルフレッド・アドラーの和書と原書はかなり内容が異なっていますので、原書で読むことを教えてもらって以前に読んでいました。

すっかり内容を忘れていますので、読み直してまとめてみたいと思います。

Adlerian ...

その他

慢性疲労症候群は、長期におよぶ疲労を主症状とする症候群で、1988年にアメリカで病名として認められました。

3割を占める重症者は、ほぼ寝たきりの状態です。

正式な病名は、現在は筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(M ...

その他

■疫学的にBCGワクチンが新型コロナウイルスに効くという話がありますが、BCGワクチンの結核菌以外に対する効果を非特異的効果やオフターゲット効果と言います。

一般的な非特異的効果は、BCGワクチンの接種者と非接種者の死亡率 ...