2022年12月

栄養
イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキス(Ginkgo biloba extract)は、記憶を高める効果があると言われているハーブです。(2004, Smith) イチョウ葉エキスには、フラボノイド、テルペノイド、アルキルフェノール類の複数の […]

続きを読む
栄養
発達障害と植物性化学物質

まとめ:発達障害に有効な植物性化学物質として、スルフォラファン、レスベラトロール、クルクミン、ナリンゲニン、ルテオリン、ケルセチン、エピガトカテキンガレート、イチョウ葉エキス、アピゲニン、バイカリンなどがあります。これら […]

続きを読む
栄養
がんにおけるNrf2の二重の役割

まとめ:Nrf2の活性化は発癌に対して、抑制的と促進的の二重の役割を持っています。 恒常性の制御下にある限り、Nrf2 の活性化は、DNA などの細胞成分を、急性/一時的な酸化ストレスおよび生体異物ストレスから生じる損傷 […]

続きを読む
栄養
保護中: ME/CFSの治療のポイント

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む
栄養
Keap1–Nrf2 システム

まとめ:Keap1–Nrf2 システムは、酸化ストレスや環境毒素に対抗する生体内の中心的役割を担っています。植物性化学物質はこのシステムを活性化することにより、抗酸化タンパク質、グルタチオン合成酵素、抗炎症性酵素の産生を […]

続きを読む
新型コロナ
LIVE適塾☆世相解剖学 第3回ニコ生ライブ

https://live.nicovideo.jp/watch/lv339388014 「ノイズとシグナルを判別する思考力が生きていく上で最も大切な能力です」

続きを読む
栄養
高マグネシウム血症

高マグネシウム血症(hypermagnesemia)は、腎不全のある方に酸化マグネシウムを投与している時に起こるケースが一般的で、治療は原因薬剤の中止です。(2006, Onishi) 血清Mg濃度が2.7mg/dl以上 […]

続きを読む
栄養
ミルクアルカリ症候群

ミルクアルカリ症候群(milk alkali syndrome)は、医原性に高カルシウム血症(hypercalcemia、血清総カルシウム濃度が10.4mg/dL以上)になる疾患です。 高カルシウム血症により、胃腸の平滑 […]

続きを読む
栄養
アピゲニン

アピゲニン(Apigenin)は、フラバンの構造式を持つフラボノイドと呼ばれる植物化学物質のひとつです。 アピゲニンは、野菜 (パセリ、セロリ、タマネギ)、果物 (オレンジ)、ハーブ (カモミール、タイム、オレガノ、バジ […]

続きを読む
栄養
悪液質

悪液質(cachexia)は、癌、うっ血性心不全、慢性閉塞性肺疾患、慢性腎臓病、エイズなどの様々な慢性炎症性疾患の進行期に発症します。(2010, Haehling) 悪液質は、過去 3 ~ 12 か月以内の 5% を超 […]

続きを読む