栄養

1.医薬品が最大のトリガーです。

2.低タンパク食により胃からの分泌障害が起こり様々な問題を生じます。

3.元々消化しにくいグルテンやカゼインなどの同種類のタンパク質の食べ過ぎると、そのタンパク質が分解できず、 ...

栄養

ビタミンKの作用は、①血液凝固作用と②骨形成作用です。

ビタミンKによって活性化出来なかった非活性型骨タンパク質は、正常な機能を持たないタンパク質であり、血中に放出されます。

これがucOC(低カルボキシル化オ ...

栄養

アルカリフォスファターゼ(ALP)は、γ-GTPと共に胆道に多く存在する「胆道系酵素」と言われています。

胆道の流れが止まったときに(胆汁うっ滞、胆管閉塞)、胆管上皮細胞から誘導されて上昇してきます。

またAL ...

栄養

タンパク質は胃と小腸で分解・吸収されますが、低タンパク食が続くと、胃からの胃酸や消化酵素の分泌が不十分になり、ますますタンパク質が食べることが出来なくなります。

胃では、塩酸(=胃酸)、蛋白分解酵素、内因子(ビタミンB12 ...

栄養

がんの食事療法のひとつとして、ゲルソン療法があります。

原法のゲルソン療法では、下記に加えて豆類禁止、コーヒー浣腸などがあり、星野式は原法の70%ぐらいの厳しさと言われています。

星野式ゲルソン療法とは、精神科 ...

栄養

どの油を摂って、どの油を避けるかという問題があります。

基本的にはオメガ6系の不飽和脂肪酸(≒植物油)を避けるのが原則です。

不飽和脂肪酸は炭素の二重結合(C=C)を持っていますが、この二重結合に活性酸素が結合 ...

栄養

西本真司先生の「潰瘍性大腸炎は自分で治せる」を読みました。

・「本人の本気度」が治療を継続するための鍵になる。

・代替医療だけでなく、「急性期を救う西洋医学の必要性」に言及されている。

・ストレス過 ...

栄養

乾癬の病態が、皮膚のターンオーバーの亢進であるならば、皮膚の角化に関する栄養素(ビタミンA、D、亜鉛、カルシウム)の不足が、少なくても皮膚では起こっているはずです。

亜鉛欠乏症の皮膚症状のメカニズムと酷似しています。

栄養

乾癬には免疫機能の異常が関わっており、免疫に異常をきたしやすい体質の人に、環境ストレスなどの刺激が加わることで乾癬を発症すると考えられています。

乾癬の患部では、皮膚の表面に角質が積み重なり、皮膚が厚くなっています。これは ...

栄養

日頃から抗カンジダ作用のある食べ物を毎日摂取する方法を勧めます。

ニンニク、梅干し、玉ねぎ、ショウガ、わさびなど身近にあるものも抗カンジダ作用を持っています。

スーパーでも販売されている黒ニンニクなどが有名です ...