栄養

CGRP(カルシトニン関連遺伝子ペプチド)は、カルシトニンと同一の遺伝子からスプライシングの違い(選択的スプライシング)によって、作られるペプチドホルモンで、強力な血管拡張作用、抗不安、抗うつ作用を持つことが知られています。

栄養

ニッケルは有害ミネラルのひとつで、ステンレス鋼の台所用品、タバコ、顔料、歯科治療材などから生体内に蓄積する場合があります。

2020年にGenchiらは、ニッケルが体内に蓄積すると、アレルギー、肺および鼻の癌、肺線維症、心 ...

栄養

前立腺癌と食事との関係は、一般的な癌の食事療法、ゲルソン療法、糖質制限以外にもいくつかの注意点があります。

■カルシウムの過剰摂取、乳製品の摂取が、前立腺癌のリスクを高め、ビタミンDの摂取で、前立腺癌のリスクが下がります。 ...

栄養

まとめ:海藻を食べる量が少ない人、または極端に多い人は、糖尿病や甲状腺の問題が出る場合があります。

糖尿病と甲状腺疾患は合併することが多いことが知られています。(2010年のBrentaら、2011年のHageら) ...

栄養

マイコトキシンとはカビから発生する毒のことです。

カビはカンジダのように有機物を栄養にして、生体内で生息するものから、無機物を栄養にして壁などに生息するものまで存在します。

壁や穀物などに生息するカビから出され ...

栄養

カンジダ(主にカンジダアルビカンス)は、人体に常在する真菌です。一般の健常者では特に問題になることはありません。現代で問題になっているのは、抗生物質の使用や、糖質過食などを契機とする腸カンジダ症です。腸カンジダ症では、強い倦怠感やうつ ...

栄養

まとめ:疾病よりも地域差が腸内フローラに最も影響を与えていおり、祖先、民族、食事、気候、ライフスタイルが腸内フローラを決定していると考えられます。

2021年にFouquierらは、アメリカのアリゾナ州とコロラド州の自閉症 ...

栄養

東京都が国内産野菜・果実類中の残留農薬実態調査を出しています。

2016年から2020年の結果をまとめました。

これは洗浄されて出荷された野菜や果物に残っていた農薬が検出されたかどうかという結果です。

その他

まとめ:前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSAは、癌の進行度とのある程度の相関は見られるものの、過剰診断が問題とされています。

部位別のがんの生存率を見ると、前立腺癌の5年、10年生存率が最も高く100%近い数字になってます。 ...

栄養

アメリカの食物環境などを調査するEWGは、2021年の農作物に含まれる農薬ランキングを発表しています。

これはダーティダースリストと呼ばれ、検出される農薬が多い順位です。

 一方で検出される農薬の少ない作物はク ...