2021年7月

栄養
BUNとクレアチニン

BUNはタンパク質を利用した後の残りカス、クレアチニンは筋肉中にあるクレアチンの燃えカスです。 どちらも再利用することが出来ないので、残りかすや燃えかすと表現されます。 血液中の残りかすや燃えかすなので身体から尿経由で排 […]

続きを読む
栄養
タンパク質の代謝

1.摂取した食事由来のタンパク質は、100%吸収されるのでは無く、10%は吸収されずに便に排泄されます。 吸収されなかった10%のタンパク質は、腸内細菌の腐敗菌のエサになります。 2.アミノ酸プールと体タンパク質は、一対 […]

続きを読む
その他
発熱のメカニズムと不明熱の対策

発熱は感染やストレス(寒さ、低気圧)などを契機として、体内の化学反応を促進させる目的で起こって来ます。 解熱の時は、この反応と反対の生理現象が起こってきます。 アラキドン酸カスケードで作られるプロスタグランディンE2を介 […]

続きを読む
栄養
自閉症の低コレステロール血症の治療

体内のコレステロールの内、約20%は食品由来であり、約80%のコレステロールは、肝臓を中心に全身で つくられ、12~13 mg / kg体重/ 日 生産されています。 血中コレステロールは高いことが問題視されてきましたが […]

続きを読む
栄養
遅延型食物アレルギーの卵と豆

遅延型食物アレルギーは、リーキーガット症候群や自己免疫疾患や難病と深く関係しています。 有名なグルテンは、遺伝子組み換えされた特殊なタンパク質であり、このグルテンを完全に分解・吸収出来る人類は存在しません。ただ、その人の […]

続きを読む
栄養
痩せすぎている人のための食事療法

まとめ:痩せすぎ(低体重)に対しては、①1日3回は、イモ類、果物、玄米、ソバなどの複合炭水化物を食べる。②遅延型食物アレルギーを調べて、グルテンフリーカゼインフリーなどを実施する。③高タンパク食(1.0~1.5g/kg/ […]

続きを読む
栄養

癌の食事療法では、減塩が大きなポイントになっています。塩分を過剰に摂取すると発癌しやすいことが知られています。 食塩摂取量と胃がん死亡率との関係は相関関係にあり、日本や韓国が突出したデータになっています。 胃がんだけでな […]

続きを読む
栄養
奥山治美先生の油の話

まとめ:安全性の高い油は、バター、ラード(豚脂)、ヘット(牛脂)、生クリーム(牛乳由来)です。これらは加熱出来ます。 積極的に摂りたい油は、魚油、しそ油、アマニ油、えごま油です。これらは加熱出来ません。 1.カノーラ油な […]

続きを読む
栄養
ビタミンB3の重要性

ビタミンB3は、生体代謝でTCA回路をはじめとして多くの代謝反応の補酵素として働いています。このビタミンB3には、作用の強いナイアシン(ニコチン酸)と、作用の弱いナイアシンアミド(ニコチンアミド)があります。 1.抗酸化 […]

続きを読む
栄養
追加食と制限食

食欲は腸内細菌がコントロールしているので、意思(意識)の力では食欲には勝てません。自分が栄養療法のどの位置に居るのか、つまり自分の腸内細菌(無意識)がどのような状態であるのか把握しておくことが大事です。 A:食べたい放題 […]

続きを読む