栄養

メチレーション回路に有害金属が影響することがあります。以下のもの(赤字)があります。

有害金属の蓄積に関しては、排便習慣の改善とサプリでデトックスする方法があります。

ホモシステインとの関係で言えば、カドミウム ...

栄養

軽度ホモシステイン血症の原因の一つとして、メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素(MTHFR) 遺伝子のスニップ(一塩基置換遺伝子多型、SNPs: Single nucleotide polymorphysm)が知られています。これは、MT ...

栄養

染色体の後天的な発現であるエピジェネティック制御機構の中心となるDNAメチル化に関連する代謝回路が、メチレーション回路です。

ホモシステインは生体メチル化反応の鍵となる化合物です。

4つの歯車を中心として、沢山 ...

栄養

デトックスの基本は、排便習慣です。

炭水化物とタンパク質の摂取割合が良くなれば、排便習慣が良くなることが多いです。

それに加えて、グルテンフリー、カゼインフリーが必要な人も多いと思います。

デトック ...

栄養

高ホモシステイン血症は、動脈硬化の指標として非常に有用です。

かなりシャープな指標であり、治療によって可逆的に変化しますので、臨床応用に使うことが出来ます。

日本人における血清ホモシステイ ン値の冠動脈硬化に及 ...

栄養

グリホサートは、世界で最もよく使われている除草剤です。

ラウンドアップという商品名で販売されています。

ドイツの大手製薬会社のバイエルの子会社である米国のモンサント(ベトナム戦争で枯れ葉剤を生産していた会社)が ...

栄養

草食動物は、炭水化物を消化して栄養を摂るために消化管の長さが長くなっています。

肉食動物は、逆に消化管の長さが短くなっています。

ヒトやイヌは雑食動物と言われますが、消化管の長さから見ると、ほぼ肉食です。

栄養

脳波のトレーニングのニューロフィードバックで、BDNFが増加すると言う論文が出ています。

つまり、ニューロフィードバックは脳の成長を促す可能性があると言うことです。

この論文は症例数も少なく、今後の追試が必要だ ...

栄養

ホルモンは、特定の臓器の内分泌腺より血中に分泌される生理活性物質です。

サイトカインは、免疫細胞や造血細胞などから分泌される生理活性物質です。

成長因子とは、増殖を促す生理活性物質のことで、その中で神経細胞に作 ...

栄養

人間が自分で合成できない必須脂肪酸には、オメガ6とオメガ3があります。

このオメガ6/オメガ3比は、理想的には4:1と言われています。

現在はオメガ6の極端な過剰摂取が起こっています。

理由は、安く ...