栄養

脳内の神経伝達物質は、タンパク質から作られます。

タンパク質の摂取量が足りないと、神経伝達物質が十分に作れないので、頭が動かなくなります。

これを、うつとか、強迫とか、こだわりとか言ってもいいかもしれません。

栄養

現在、たくさん本が出ている糖質制限は、失敗することも多いです。

意思の強い人は、いきなり糖質なしに出来るかもしれませんが。

やり方には、コツがあります。

①ホエイプロテインを使う。

タンパク ...

栄養

鉄不足とタンパク不足と糖質依存の3つは、密接に関係してます。

鉄やタンパク質だけ補っても良くならないことが多いです。

糖質依存が最も根深いと感じてます。

糖質 ⇔ 鉄・タンパク質

糖質を ...

栄養

サルコペニア(加齢に伴う筋力の低下)、フレイル(加齢に伴う衰弱)という病態があります。

人間の身体は、タンパク質の化学工場であり、毎日スクラップアンドビルドを繰り返しています。

身体を壊す過程を異化、身体を造る ...

栄養

日本では、鉄不足が蔓延してます。

原因は、

①世界78カ国以上でなされている小麦の鉄添加がなされていない。

②肉を食べる習慣が元々少ない、背景にタンパク不足がある。

③台所食器のステンレ ...

栄養

基本的にiHerbなどで販売されている海外製の安いサプリを推奨します。

アメリカはサプリ先進国です。国民の20-30%はサプリを使っているそうです。

国民皆保険ではないので、サプリを使って、健康になるという考え ...

栄養

フェリチンは、体内の鉄の貯蔵量を反映すると言われています。

もうひとつの役割は、急性炎症性蛋白です。

炎症、感染、外傷、腫瘍、溶血などでは、容易に高値となります。

鉄がフェリチンと一緒ではなく、むき ...

栄養

この本に詳しく書かれています。

一方で、「これだけ鉄対策がなされていても、貧血への効果はほとんど出なかった」と、残念な記載が載ってます。

これは、鉄だけ増やしても、タンパク質が足りない問題があると思います。

栄養

これを図にすると以下になります。

1950年に比べると、現在の野菜は、ビタミンとミネラルを1/2から1/6程度しか含んでいません。

促成栽培、土壌の貧困化、農薬などが原因と言われています。

ある意味 ...

栄養

栄養の治療に限らず、どんな治療でも一直線にうまく行くとは限りません。

たとえ上手く行かなくて何度でもやりなおすことが出来ます。

特に食事療法は、失敗がつきものです。

失敗したら、またやり直せば良い話 ...