新型コロナ

ワクチン
医療不信新着!!

日本人は某大な量の薬品を医療において消費し、それらのうちのいくつかは世界中のほかの国では法的に使用できない。1987年時点では、日本は世界一の処方医薬品の消費国である。特に抗がん剤は、その効果が疑わしいにもかかわらず、い […]

続きを読む
ワクチン
ナットウキナーゼは効くのか?新着!!

まとめ:ナットウキナーゼが、新型コロナワクチンで作られた体内のスパイクタンパク質を分解出来るかは疑問が残ります。 ナットウキナーゼは、275 個のアミノ酸 (分子量 27 724) から構成される単一のポリペプチド鎖です […]

続きを読む
ワクチン
最新の2価ワクチンは負け戦新着!!

週刊新潮(2023年1月26日号)が新型コロナワクチンの記事を連載しています。 元になる情報源は、アメリカの雑誌「TIME」です。 フィラデルフィア小児病院のワクチン教育センター所長であり、米国食品医薬品局のメンバーであ […]

続きを読む
新型コロナ
ワクチンは緊急承認、被害救済は2年待ち新着!!

(この記事は、2023年1月23日の記事を一部追記しました。) アメリカの製薬大手ファイザーは、新型コロナウイルスのワクチンの日本国内での使用に向け、2020年12月18日厚生労働省に承認を求める申請を行いました。 米英 […]

続きを読む
ワクチン
ドキシサイクリン新着!!

まとめ:抗菌剤のドキシサイクリンは、イベルメクチンやアジスロマイシンと同様に、広い抗菌作用に加えて抗ウイルス作用などを持ちます。新型コロナ感染症に有効であると共に、アンチエイジング効果も期待できます。 ドキシサイクリン( […]

続きを読む
ワクチン
新型コロナワクチンのスパイクタンパク質の問題新着!!

まとめ:ワクチン由来のスパイクタンパク質そのものが血栓症、炎症、ブレインフォグ、自己免疫疾患などの直接原因となり得ます。 ワクチンによって作られたスパイクタンパク質そのものが、ミトコンドリア依存性に血管内皮細胞の機能を障 […]

続きを読む
ワクチン
新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎新着!!

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎(Myocarditis, Pericarditis)が問題になっています。以下が特徴です。(2021, Bozkurt)(2021, Albert)(2021, Heymans) […]

続きを読む
ワクチン
玉手箱症候群にメチレンブルー

まとめ:新型コロナ後遺症やワクチン後遺症では、玉手箱症候群と呼ばれる老化現象が起こってきます。メチレンブルーは、ブレインフォグ以外にも皮膚などの老化に対する効果が期待できます。 メチレンブルー(Methylene Blu […]

続きを読む
新型コロナ
長寿薬

まとめ:長寿効果のある生活習慣、食事、サプリ、薬剤があります。新型コロナ後遺症やワクチン後遺症では、免疫老化と炎症老化を賦活するため、老化を促進します。レニン・アンギオテンシン系は老化に関係しており、ACE2受容体に作用 […]

続きを読む
ワクチン
新型コロナワクチン接種後のしもやけ様病変

新型コロナワクチン接種後のしもやけ(chilblains)様病変(機能性血管炎)が報告されています。(2022, Gambichler) しもやけは季節性凍瘡とも呼ばれます。新型コロナ感染後にも、同様の報告があります。( […]

続きを読む