神経疾患

新型コロナ
メラトニン

まとめ:メラトニンは内因性の強力な抗酸化物質、抗炎症物質、オートファジー調節因子として働き、加齢、癌、神経発達疾患、神経変性疾患、ウイルス感染症、肥満、長寿などへの有効性が指摘されています。 メラトニンは主に松果体で合成 […]

続きを読む
てんかん
メトホルミンによる神経難治疾患の治療

まとめ:2型糖尿病の第一選択薬であるメトホルミンは、オートファジーを強化し、ミトコンドリア機能を正常化することにより、神経保護作用などを発揮して神経難治疾患への有効性が期待されています。 パーキンソン病の動物モデルにおい […]

続きを読む
神経疾患
ME/CFSのメカニズムと治療

まとめ:ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 )では自己免疫反応による免疫炎症、酸化ストレス、ニトロソ化ストレスが、ミトコンドリアなどでの代謝障害を引き起こしていると考えられます。新型コロナ後遺症、新型 […]

続きを読む
栄養
ME/CFSの栄養療法

まとめ:ME/CFSの栄養療法(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)としては、ミトコンドリアをサポートするナイアシンアミド、カルニチン、タウリン、などの有効性が指摘されています。新型コロナ後遺症、新型コロナワクチン後遺症も似 […]

続きを読む
神経疾患
回復しない疲労、PEM

PEM(post exertional malaise、労作後疲労)は、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (ME/CFS) の中核症状であり、回復しない疲労のことです。 ME/CFSのPEM を「クラッシュ」と表現すること […]

続きを読む
栄養
筋萎縮性側索硬化症

筋萎縮性側索硬化症(ALS、amyotrophic lateral sclerosis)は、1869年に、フランスの脳神経内科医のシャルコー(1825~1893)によって初めて報告された疾患です。上位運動ニューロンと下位 […]

続きを読む
神経疾患
農薬の無視できない問題

まとめ:海外で禁止されている除草剤のパラコートは日本では未だに使用されています。戦後に増えつつある神経変性疾患の原因のひとつです。 パラコートを含有する除草剤は、世界的には1962年、日本では1965年から発売されていま […]

続きを読む
神経疾患
タウオパチーとシヌクレイノパチー

まとめ:神経変性疾患は、タウとシヌクレインの異常なタンパク質の蓄積に基づいてタウオパチーとシヌクレイノパチーに分類されます。 さらに、タウオパチーは蓄積するタウアイソフォームによって、3R、4R、3R/4Rに分類されます […]

続きを読む
栄養
線維筋痛症と栄養〜参考文献

まとめ:線維筋痛症と栄養療法として、高タンパク、糖質選択、高線維食、グルテンフリー・カゼインフリー、マグネシウム、ビタミンDの摂取が重要です。 線維筋痛症の患者のタンパク質摂取量と痛みが負の相関があることが報告されていま […]

続きを読む
栄養
進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy )は、1964年にSteeleらによって最初に報告された現代病で、大脳基底核 、脳幹、小脳といった部位の神経細胞が減少する疾患です。転びやす […]

続きを読む