栄養, 神経疾患

2019年にFuらは、アルツハイマー病とパーキンソン病と胃腸疾患との関係を総括して、どちらも胃腸疾患があるとリスクが上がることから、腸の改善の重要性を指摘しました。

アルツハイマー病はパーキンソン病と比べると、腸や胃腸症状 ...

栄養, 神経疾患

2型糖尿病があると、アルツハイマー病発症のリスクが2倍となることは広く知られています。

その背景にあるメカニズムは、インスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性です。

このインスリン抵抗性が高くなるメカニズムとし ...

栄養, 神経疾患

2011年にDaviglusらは、糖尿病、中年期の高脂血症、および現在のタバコの使用は、アルツハイマー病のリスクの増加と関連し、地中海型の食事、葉酸摂取、低または中程度のアルコール摂取、認知活動、および身体活動はリスクの減少と関連して ...

栄養, 神経疾患

1993年にGiemらは、約3000人の食事について調べた結果、肉を摂取する消費者は、菜食主義者と比べて2倍認知症になりやすいことを報告しました。

2006年にDaiらは、野菜と果物のジュースが、アルツハイマー病のリスクを ...

栄養, 神経疾患

■喫煙はパーキンソン病への保護効果はありますが、根本原因は自己免疫疾患に伴う逆行性のα-シヌクレインの蓄積であるので、ニコチンの投与は対症療法的であって治療効果は乏しいです。

喫煙がパーキンソン病の発症と逆相関があることが ...

ホルモン, 神経疾患

喫煙は、癌や心血管疾患などの確立された危険因子であることはよく知られています。

1990年にBaronはニコチンの抗エストロゲン作用について言及し、1996年にはタバコのメリットについて総括してました。

予備的 ...

栄養, 神経疾患

まとめ:β-カルボリンアルカロイド(ハルマンなど)は、本態性振戦と似た震えを発症させる神経毒性化学物質です。

食事由来の外因性振戦物質のβ-カルボリンアルカロイドが、何らかの原因で代謝処理出来ないことが本態性振戦の根本原因 ...

神経疾患

ふるえを主訴とする疾患としては、パーキンソン病と本態性振戦があります。

パーキンソン病は、ほとんどの難病が報告されはじめた19世紀の1817年に最初に報告されました。本態性振戦がはじめて記載されたのは1874年です。(20 ...

栄養, 神経疾患

まとめ:パーキンソン病の栄養療法は、第一にGFCFを行って、第二に野菜・果物を積極的に摂取して快便を目指すことが大切です。

パーキンソン病が便秘から始まり、腸にダメージを与えて便秘にさせる食物が根本原因のひとつであることが ...

栄養, 神経疾患

医学ではパーキンソン病は原因不明であり、薬物療法を行われていますが、薬物療法では不可逆的な進行を止めることが出来ないことが知られています。(2015年のLeeら、2000年のSchragら)

一方で、科学ではパーキンソン病 ...