栄養, 症例

栄養療法を真面目にされている方で、BUNが高く、クレアチニンが若干高い方がおられます。

BUNもクレアチニンも、血液中に存在するタンパク質や筋肉由来の最終産物で、腎臓のみから排泄するので、通常は腎機能を反映します。 ...

栄養

まとめ:口腔内フローラの改善のためには、砂糖と酸性飲料の摂取を控えること、特に食事以外での間食や飲み物に注意が必要です。

口腔内をアルカリ性に戻すためのタンパク質の摂取、多様性を改善する飽和脂肪酸とビタミンCの摂取すること ...

その他, 栄養

まとめ:ノーシャンプー、ノー石鹸の湯シャン、ノー化粧品の手の洗面器が基本です。

宇津木龍一先生の、「シャンプーをやめると髪が増える」、「肌の悩みがすべて消えるたったひとつの方法」を読みました。シャンプーや化粧品が薄毛や肌の ...

その他, 栄養

まとめ:円形性脱毛症の治療では、ホエイプロテインなどの高タンパク食、鉄、亜鉛、ビタミンD、葉酸、ビタミンB12の補給が必要です。自己免疫疾患に対して、グルテンフリー・カゼインフリーダイエットを行い、野菜・果物を十分に摂取して腸活を行う ...

その他, 栄養

まとめ:若白髪は、ホエイプロテインなどの高タンパク食、鉄、亜鉛、セレン、銅、ビタミンD、葉酸、ビタミンB12の適切な補給によって改善する可能性があります。甲状腺機能低下症が原因となる場合もあります。

鉄、ビタミンD、葉酸、 ...

心理療法, 栄養, 精神症状

まとめ:抜毛症、皮膚むしり、爪噛みなどの身体集中反復行為は、箱庭療法、絵画療法、習慣逆転法、暴露反応妨害法などの心理療法が有効です。

栄養の面からの治療法もあります。

抜毛症の精神病理としては、言いたいことを言 ...

栄養, 神経疾患

2019年にFuらは、アルツハイマー病とパーキンソン病と胃腸疾患との関係を総括して、どちらも胃腸疾患があるとリスクが上がることから、腸の改善の重要性を指摘しました。

アルツハイマー病はパーキンソン病と比べると、腸や胃腸症状 ...

栄養, 神経疾患

2型糖尿病があると、アルツハイマー病発症のリスクが2倍となることは広く知られています。

その背景にあるメカニズムは、インスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性です。

このインスリン抵抗性が高くなるメカニズムとし ...

栄養, 神経疾患

2011年にDaviglusらは、糖尿病、中年期の高脂血症、および現在のタバコの使用は、アルツハイマー病のリスクの増加と関連し、地中海型の食事、葉酸摂取、低または中程度のアルコール摂取、認知活動、および身体活動はリスクの減少と関連して ...

栄養, 神経疾患

1993年にGiemらは、約3000人の食事について調べた結果、肉を摂取する消費者は、菜食主義者と比べて2倍認知症になりやすいことを報告しました。

2006年にDaiらは、野菜と果物のジュースが、アルツハイマー病のリスクを ...