栄養

この図はアレルギー性疾患の増加と寄生虫や結核の罹患率の減少との関係を示しています。

BCG接種は結核菌だけでなく、白血球を刺激して他のウイルスや細菌なども防ぐ効果があり、これをオフターゲット効果と言います。

寄 ...

栄養

アレルギー体質の方は、ホエイプロテインが合わない場合があります。

遅延型アレルギー検査で、ホエイプロテインが約30%の人で陽性になると言うデータもありますが、しばらく摂らなければ陰性になり、ホエイプロテインの摂取が出来るよ ...

栄養, 症例

認知症が主訴の高齢の方の有害ミネラルのデータです。

高齢の方は長生きをされているので、栄養状態が良いイメージがありますが、検査の結果が良くないことが多いです。

むしろ、長年の不健康な食事、長い年月による有害ミネ ...

栄養

岡田 匡先生の「糖尿病とウジ虫治療」を読みました。

糖尿病は、精製糖質の食べ過ぎで尿に糖が出る病気ですが、進行すると足に壊疽が出来て、切断しないといけない場合があります。

1917年第一次世界大戦の戦地で、負傷 ...

栄養

“Healing and Preventing Autism: A Complete Guide“を読みました。内容を一部抜粋します。

著者のジェニー・マッカシーの息子は、2歳半で痙攣発作を起こし、 ...

栄養

アトピー性皮膚炎は日本の風土病という話があります。

海外生活の時は問題はなかったけれど、日本に住むとアトピーや湿疹が出る人が確かに居ます。

1960年頃にはほとんどアトピーは存在していませんでしたが、近年の日本 ...

栄養

ボーンブロスのアミノ酸成分について調べてみました。

人間の身体は、水以外はほぼタンパク質で作られており、1年間で95%が作り直されます。

タンパク質は貯蔵出来ない上に、毎日尿から排泄されるので、毎日補給が必要で ...

栄養

現代病に効果のある沢山の食事療法が提唱されています。

パレオダイエット(原始人食)、特定の炭水化物ダイエット(SCDダイエット)、GAPS食事療法、アトキンスダイエット(低炭水化物ダイエット)、低FODMAP食、ケトジェニ ...

栄養

マクブライド博士の腸と心の症候群から、内容を一部抜粋します。

摂食障害を「全て心の問題」と捉えて、食べる物の質や量を考慮していないことが、再発率を高めている大きな要因です。

不足しているのは蛋白質、ビタミン、ミ ...

栄養

現代病と言われる発達障害(自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害)、アレルギー、湿疹、喘息などは、重複して発症することがほとんどで、しかも消化器の問題が共通して存在しています。

これをマクブライト博士が、腸と心の症候群(GA ...