栄養

耳管開放症は著明な耳閉塞感、 開放した耳管を通して自声が中耳に入るため、自声強聴、呼吸性耳鳴などの症状があり、 また難聴や肩凝りなどの付随症状を伴うことがあります。

耳管は立位(あるいは座位)で開きやすく、臥位で開きにくく ...

その他, ホルモン, 栄養

男性脱毛症の治療は、男性ホルモンの代謝(テストステロン→ジヒドロテストステロン)だけでほとんど議論されています。

男性ホルモンの最終産物であるジヒドロテストステロンは、髪の元になる毛母細胞へと栄養を送る毛乳頭細胞の男性ホル ...

その他, ホルモン, 栄養

女性化乳房とは、男性の体内にも存在する卵胞ホルモンのエストロゲンが高くなり、男性の乳腺組織が肥大化することです。ほとんどのケースは良性で自然に改善しますが、高齢の方の場合は男性乳がんとの鑑別が必要です。

思春期(15歳前後 ...

栄養

ハチミツは睡眠を改善するという沢山の報告があります。(2012年、Cohenら、2018年、Fakhr-Movahediら、2008年、Warrenら)

ハチミツは、抗酸化剤、抗炎症剤、抗菌剤としての作用を持つ植物化学物質 ...

その他, 栄養

環境ホルモンや内分泌かく乱物質と呼ばれる化学物質は、ズバリ言うとエストロゲン作用を持つ化学物質のことで、環境エストロゲンとも呼ばれます。

これらはほとんど石油由来の化学物質であり、地球はこの環境エストロゲンの海と言っても良 ...

栄養

糖質は排泄経路がないので、一度体内に取り入れてしまうと排泄出来ません。

少しでも余った糖質はアセチルCoAを経て、中性脂肪の形で蓄積されますので、排泄ではなく脂肪の燃焼の形でしか減らすことが出来ません。

飢餓状 ...

栄養

エピジェネティクスは、遺伝子の塩基配列は同じなのに遺伝子の発現が変わる現象のことです。1個の受精卵から様々な体細胞が作られて行く、主に胎児の発達を担う機構です。

エピジェネティックな目印には、DNAにつく目印(DNAメチル ...

栄養

エストロゲン優勢

赤字はプロゲステロン不足と共通の症状。

エストロゲン不足

◆血管運動神経の症状(ほてり、寝汗)

◆膣の乾き、性交痛

◆膀胱の感染症、膣カンジダ症

◆うつ、記憶力の低下

その他, 栄養

リー博士の医者も知らない 乳がんとホルモン療法を読みました。

乳がんの原因の中核は環境ホルモン(環境エストロゲン)の影響によって、エストロゲンが過剰なエストロゲン優勢の状態になっていることである。このエストロゲン過剰な状態 ...

栄養

さすがにプロテインも飽きてきたので、プロテインクッキーにして食べています。

簡単に作れるので便利です。

プロテインケーキも沢山作って来ましたが、プロテインクッキーの方が手軽です。

オーブンやオーブン ...