栄養

起立性調節障害(OD、 Orthostatic Dysregulation)は、「起立や座位で脳血流が減少し、思考力と判断力が低下する」身体の病気と定義されています。

成長期の10歳から16歳に多く、睡眠リズムが5時間程度 ...

栄養

聴覚情報処理障害(Auditory processing disorder、APD)は、聴力の器質的な低下はみられないが、雑音下での聴取など聴取に負荷のかかる状況下で聴取の困難さを示す症状です。

2010年にムーアら、20 ...

栄養

膠原病の歴史も近年であり1850年ごろから報告がはじまっています。

SLEは1845 年 にFerdinand von Hebraが初めて報告し、強皮症は1846 年に James Startin が初めて報告しました。

栄養

クロムは原子番号24の元素ですが、クロムとアミノ酸が結合したクロモデュリンが、インスリン受容体に結合することによって、インスリンがグルコースを細胞内に取り込む作用を活性化することが明らかにされています。

2型糖尿病でインス ...

栄養

30代の女性、会社員の方です。

ある年の夏にキャンプに1週間行きましたが、その時に軽い食あたりのような症状があったそうです。

その後、1ヶ月して慢性のゲップ、便秘、下痢、腹痛、腹部膨満感に悩まされるようになりま ...

栄養

現在の糖尿病の治療は、糖質を摂って血糖値をわざわざ上げて、インスリンや薬で血糖値を下げるという奇妙なガイドラインになってます。

「糖質を摂るから糖尿病」になるので、糖質制限が治療の大原則です。

糖質制限によって ...

栄養

現代病の代表が糖尿病ですが、「糖質摂るから糖尿病」になるわけですから、糖質制限食が大原則です。

血糖値が高くなるのが糖尿病ですが、絶対的なインスリン分泌不足による1型糖尿病と、インスリン分泌能は保たれている2型糖尿病に大き ...

栄養

原因が不明と言われる疾患は沢山有ります。

腹部症状を中心とする過敏性腸症候群、全身の強い痛みが特徴である線維筋痛症、膀胱の痛みを主症状とする間質性膀胱炎、激しい倦怠感を示す慢性疲労症候群、これら4疾患は合併する確率が高いこ ...

栄養

過敏性腸症候群(IBS)は、腸に異常がないにも関わらず下痢や便秘や腹部膨満や腹痛などの下腹部不快感を繰り返す慢性疾患ですが、一部のIBSは食あたりや胃腸炎の後に発病することが知られています。

1950年にStewartらは ...

栄養

ビタミンAは、皮膚・粘膜・目の健康、身体の成長に関係する脂溶性ビタミンです。

(新陳代謝の激しい粘膜に関係しています。)

下図は食品100g当たりのビタミンA活性持つ成分の量ですが、ビタミンAには主に動物由来の ...